ここから本文です

【まんぷく】偽福子の正体は安藤サクラ「二重の幅を自力で変え」て役作り

2/23(土) 13:02配信

オリコン

 NHKで放送中の連続テレビ小説『まんぷく』(月~土 前8:00 総合ほか)。ついに完成した「まんぷくラーメン」の大ヒットで、即席ラーメンの模倣品が大量に発売される事態に。23日放送の第21週121回では、田中哲司演じる猿渡鎌作の「テイコー食品」が「本家まんぷくラーメン」を売り出し、福子(安藤サクラ)そっくりの女性が写った宣伝ポスターまで作っていたことがわかって、みんなの怒りが爆発する。実は、この“偽福子”ポスター、イラストではなく写真で作られており、モデルを務めたのは安藤本人だ。

【写真】参考にした『まんぷく』メインポスター

 23日に更新された番組ホームページの「福ちゃん通信」(安藤が各週の感想を綴っているブログ)によると、「偽福子のポスターは台本に『安藤サクラさんで』と書かれていた」とのこと。写真撮影時には、「『まんぷく』のメインポスターみたいにしたい、とお願いして、いろいろな表情で撮りました。二重の幅を自力で変えてみたり。福ちゃんにそっくりだけど福ちゃんより品がない、という設定なので、髪の毛をチリチリにしたり、赤いマニキュアを塗ったりしてみました」と、偽福子の役作りについて明かしている。

 なお、偽福子の特別インタビューが、きょう23日午後6時頃から公式インスタグラム(https://www.instagram.com/nhk_mampuku/ )のストーリーズで24時間限定公開される予定。

最終更新:2/25(月) 20:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事