ここから本文です

キムタク次女Koki,のモデルとしての価値は? 専門家が本音でズバリ指摘

2/24(日) 11:10配信

東スポWeb

 昨春モデルデビューの場を提供したファッション誌主催の映画賞では、出演作もないのに新人賞的な賞をもらってしまうなど、昨年まで話題に事欠かなかった元SMAP木村拓哉(46)の次女Koki,(コウキ=16)。最近は大してデカいネタこそないが、海外で撮った世界的セレブらとの豪華ツーショットをインスタにアップしたりして、話題をつないでいる。

「早くも海外モデルデビューか」の見出しで、韓国や中国で大人気の某コスメブランドがコウキに興味を示していると本紙が報じたのは昨年6月。案の定、昨秋には中国のファッション誌が立て続けにコウキを表紙に起用した。ただ“親の七光感”は否めない。日中韓とアジアを股にかけ活躍する広告関係者がこう指摘する。

「日本人の想像以上にキムタクはアジア圏でスーパースター。同じジャニーズで言うと、岡田准一は本当に好きなファンにしか知られてないが、キムタクは一般的な知名度がある。母親の工藤静香のことはアジアの大体の人が知らないけど、キムタクの娘ならアジアで雑誌に起用する価値は十分にある。でも世界基準だと、一モデルとして魅力的かといえばまだまだだね」

 素人目に見たら十分イケてると思うが、何が「まだまだ」なのか? スーパーモデルやハリウッド女優を起用しファッション広告を手掛ける、米ニューヨークのクリエーティブディレクターに専門家目線で見てもらった。

「口を閉じて撮ったビジュアルはまあまあなんだけど、中国誌の表紙みたく笑いながら撮ると歯ぐきがすごく見えるの。“え~こんな顔だったんだ”と印象がかなり違った。身長も公称の170センチより低いでしょう。いつも厚底靴や高いヒール履いてるし…。個人的に好きじゃないけど、ファッションデザイナー森英恵の孫娘・森星のほうが、モデルとしての質はいい」

 聞けば、コウキ同様ハイスペックの2世モデルなら、昨年パリコレデビューした本木雅弘(53)の長男UTA(21)に将来性があるという。

「身長も190センチあるようだし、モックンの息子と言われなくてもパッと目がいくし、いいモデルに見える。いろんな表現ができそうだし今後、世界的に有名になりそう」

 とはいえコウキは昨年、駆け出しモデルながら「ブルガリ」や「シャネル」といった海外ハイブランドのアンバサダーに就任し、箔を付けた。だが同ディレクターのこんな指摘はごもっともだ。

「同じシャネルのアンバサダーでも、人気韓流グループ『BIGBANG』のG―DRAGONや『BLACKPINK』のジェニーみたく、すでにファンがいっぱいついてる子がやるならいいよ。ブランド側も新たな顧客層を開拓できるから。でも、まだ超人気なわけでもなく、固定ファンもガッツリついてない新人モデルが、アンバサダーをやったってしょうがない」

 聞けば、前出ブランドのスタッフたちは昨年末、静香のディナーショーに招待された際「バックステージにいたコウキが、あまりに背が低くて驚いたそうだよ。世界的な日本人モデルっていったら、身長180センチ近い冨永愛とかだからねぇ」とのこと。

 親の名前が強すぎて「え、誰?」という2世タレントひしめく日本の芸能界でなら、確かにコウキは韓国メディアが名づけた通り「超特級2世芸能人」かもしれない。だが本人や静香プロデューサーが目指すのは、そこじゃないだろう。欧米のファッションイベントで通用する一流モデルになりたいなら、それこそ世界的に有名なモデルエージェンシーに入り、オーディションを受けまくって海外で武者修行しなきゃまず無理。

「2000年代に社会へ出る世代を『ミレニアルズ』と呼ぶ。海外セレブの2世で成功しているミレニアル世代は、親に頼らず、自分で道を切り開いている。親の七光だけで通用する時代はもう終わり。コウキも、これから何をどうするかじゃないか?」とは冒頭の広告関係者。

 血統は申し分ないし、英語もしゃべれる。10代なら身長もまだ伸びるだろう。今後が正念場だ。

※Koki,の「o」は上に横棒

最終更新:2/24(日) 11:10
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事