ここから本文です

ロッテドラ1藤原、自慢の強肩で猛アピール! 打っても1安打含む3出塁と躍動

2/24(日) 8:05配信

Full-Count

「2番・中堅」で先発し守備ではレーザービーム、打っては1打数1安打2四球

 ロッテのドラフト1位ルーキー、藤原恭大外野手が23日の練習試合・西武戦(高知・春野)で攻守に存在感を見せた。「2番・中堅」でスタメン出場し1打数1安打2四球、そして守備では冷静な判断で的確な“レーザービーム”を披露し球場に集まったファンを沸かせた。

【動画】狙いすました送球でランナーを封殺! ロッテ・藤原恭大がセンターからのレーザービームを披露

 走攻守、三拍子揃うドラフト1位ルーキー。まずは自慢の強肩を炸裂させた。2点リードで迎えた3回2死一、二塁の場面。西武の森が中前適時打を放つと、二走の秋山が生還。さらに、一走の山川が二塁を回って三塁を狙った。中堅の藤原は捕球すると、素早く三塁へ送球。矢のようなボールがワンバウンドで三塁・鈴木のグラブに突き刺さり山川をアウトに仕留めた。

 打撃では2打席連続四球を選び迎えた5回の第3打席で右前打を放ち、3打席全てで出塁。1軍生き残りをかけ黄金ルーキーの猛アピールが続いている。

Full-Count編集部

最終更新:2/24(日) 12:22
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事