ここから本文です

乗鞍岳と大雪山で噴火警戒レベルを運用へ

2/25(月) 11:24配信

共同通信

 気象庁は25日、長野、岐阜県境の乗鞍岳と北海道の大雪山で3月18日から噴火警戒レベルの運用を始めると発表した。現時点で目立った火山活動は見られず、「活火山であることに留意」を示すレベル1を発表する予定。

最終更新:2/25(月) 11:28
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事