ここから本文です

『酒蔵名鑑』などを出版していたフルネット、破産開始

2/25(月) 14:58配信

帝国データバンク

 (株)フルネット(TDB企業コード:987920394、資本金1000万円、登記面=東京都杉並区井草5-10-18、代表中野繁氏)は、2月20日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は森円香弁護士(東京都千代田区四番町6-11、新都総合法律事務所、電話03-6272-6650)。

 当社は1989年(平成元年)6月に設立。代表は日本酒プロデューサーとして業界内で相応の知名度を有し、地酒をメインに扱う全国の居酒屋に対して当社が独自で行った人気投票を集計した『地酒人気銘柄ランキング』や、日本国内で日本酒を製造するすべての酒蔵の最新住所録、代表銘柄などを掲載した『酒蔵名鑑』のほか、『金賞受賞蔵ガイド』などの日本酒に関する書籍の発行のほか、年に全国で複数回開催される『純米酒フェスティバル』といった各種日本酒イベント開催に携わってきた。

 しかし、発行書籍の掲載対象となる全国の酒蔵の減少などから業績の落ち込みが続き2018年2月期の年売上高は約4000万円にとどまっていた。そうしたなか、2018年12月に本店事務所を東京都中央区築地から現所に移転。2月に入り事業を停止していた。

 負債は債権者約14名に対し約4200万円。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事