ここから本文です

ベントレー、スパ24時間のラインアップ発表。元ニッサンのオルドネス、バンコムがメンバー入り

2/25(月) 19:03配信

オートスポーツweb

 ベントレーモータースポーツは7月25~28日、ベルギーで行われる2019年トタル・スパ24時間にワークスカー2台を含む都合4台のベントレー・コンチネンタルGT3を投入すると発表。あわせてルーカス・オルドネスやアレックス・バンコムなど計6名の追加ドライバーを明らかにした。

【写真】ベントレーからスパ24時間に参戦するアレックス・バンコムとルーカス・オルドネス

 2019年にブランド創設100周年を迎えるイギリスのラグジュアリーカーブランドは、そのアニバーサリーイヤーに華を添えるべく、豪華4台体制でブランパンGTシリーズとIGTCインターコンチネンタルGTシリーズ内最長レースとなるスパ24時間に臨む。

 4台のゼッケン番号は、100周年を想起させる“100”にベントレーモータースポーツ伝統の“7”と“8”を組み入れた#107と#108がワークスカーに与えられ、追加の2台は#109、#110となる予定だ。

 追加エントリーされる2台の内、最初の1台にはベントレーカスタマーチームで活躍するドライバー陣が抜擢された。

 具体的には昨年、パーカー・レーシングの先代ベントレー・コンチネンタルGT3でブランパンGTに参戦したカラム・マクラオドとセブ・モーリス組に、アメリカのK-Paxレーシングで活躍するロドリゴ・バピティスタが加わりトリオを組む。

 一方、2台目には新たなドライバーの名前が並んだ。2018年限りでニッサンのGT3プログラムから外れることとなったオルドネスとバンコム、さらに2015年のスパ24時間ウイナーで昨年はエミール・フレイ・レーシングのレクサスRC F GT3をドライブしていたマーカス・パルタラの3名が新型コンチネンタルGT3をシェアする。

 スパ24時間を含むIGTC全ラウンドに参戦するワークスカーでは開幕戦バサースト12時間と同様に、スティーブン・ケイン、ジュール・グーノン、ジョーダン・ペパー組が107号車をドライブ。

 既報のとおりバサースト12時間で108号車ベントレーをドライブしていたビンセント・アブリルは、ベントレー陣営を離れたため当然リスト入りせず。そのため僚友108号車はマキシム・スーレ、アンディ・ソウセックの2名のみとなった。なお、現時点ではアブリルに代わるドライバーは明らかにされていない。

「カラム(・マクラオド)、セブ(・モーリス)、ロドリゴ(・バピティスタ)の3名は全員、ベントレーのカスタマーチームのために素晴らしい走りを披露してきた」と語るのはベントレーモータースポーツのブリアン・ガッシュ代表だ。

「我々はもっとも重要と考えるレースのドライバーを選ぶ際はつねに、まずベントレーモータースポーツのファミリーのなかから選択を始めていくんだ」

 一方、ファミリーの外から起用することになった3名についてガッシュは次のように述べる。

「アレックス(・バンコム)とルーカス(・オルドネス)、そしてマーカス(・パルタラ)はチームに新しい次元をもたらした。彼らは皆、主要GT3レースでその能力を証明している」

「我々は今後数週間から数カ月の間でスパ24時間の準備を行う間に、全ドライバーに搭乗時間を提供する予定だ。また、計12人の強力なドライバーラインアップの最後を埋めるひとり選んでいく」

[オートスポーツweb ]

最終更新:2/25(月) 19:03
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事