ここから本文です

スクールボーイ・Q、KOHHら参加 ハイアー・ブラザーズが新作を発表

2/26(火) 23:40配信

bmr.jp

スクールボーイ・Q、KOHHら参加 ハイアー・ブラザーズが新作を発表

スクールボーイ・Q、KOHHら参加 ハイアー・ブラザーズが新作を発表

アジア系による音楽やカルチャーを世界に発信している88risingが送り出す中国発のヒップホップ・グループ=ハイアー・ブラザーズが、ニュー・アルバム『Five Stars』を22日に発表した。

中国は成都市出身の4人組であるハイアー・ブラザーズは、アジア系による音楽やカルチャーを世界に発信しているニューヨーク拠点のプラットフォーム/メディア/レーベルである88risingがバックアップしているヒップホップ・グループ。2017年にはデビュー・アルバム『Black Cab』を発表、中でもフェイマス・デックス(Famous Dex)と共演した“Made In China”は大きな反響を呼び、ミュージック・ビデオはYouTubeで1000万回以上を再生。米Billboard誌、NPR、Hypebeastなど海外メディアもこぞって取り上げるようになり、流行のトラップ・サウンドを取り入れたスタイルで「アジアのミーゴス」、「中国のミーゴス」と呼ばれるように。

この“Made In China”は、日本の音楽番組でもtofubeatsが「2017年の上半期ベスト5」で2位に選ぶなど話題となり、昨年8月には国内都市型フェスティバル〈SUMMER SONIC〉で初来日。単独公演も開催され、若さ溢れるパフォーマンスで会場を熱狂させた。また、88risingクルーとしても今年1月に東京と大阪で来日公演を行い、88rising勢とも親しいKOHHが駆けつけたことも記憶に新しい。

トラップのイメージが強いが、実際はブーンバップ系のラップを聞かせるなど様々なスタイルを持ち、Noisyが「中国のヒップホップにおける最大の希望」と評したハイアー・ブラザーズ。彼らが、待望のセカンド・アルバム『Five Stars』を完成。2月22日に発売された。

全14曲となる『Five Stars』は、88risingの看板的存在でもあるインドネシアのラッパー、リッチ・ブライアン、アジア生まれのアーティストで初めて米R&B/ヒップホップ・アルバム・チャート1位を手にしたとされる日系シンガー/ラッパー/プロデューサーのジョージ(joji)、キュートなR&B~ポップを聞かせる紅一点、インドネシア出身の女性シンガーであるニキ(NIKI)といった88rising勢はもちろんのこと、日本からはKOHHも参加。日本語ラップで異彩を放っている。

さらに、これまでグラミー賞に5ノミネートを受け、全米アルバム総合チャート1位も手にしている人気ラッパーのスクールボーイ・Q、J・コール率いるDreamville Records所属の新進ラッパー、J.I.D (ジェイアイディー)、昨年末に発表した最新作『Stokeley』が全米アルバム総合チャートで初登場6位にランクインした22歳の新進ラッパー、スキー・マスク・ザ・スランプ・ガッド、リック・ロス、ジョーイ・バッドアスらとの共演でも知られる24歳新進ラッパーのデンゼル・カリー、オークランドの新進ラッパー、グアップダッド4000、さらにはデビュー・シングル“Crank That (Soulja Boy)”が2007年秋に通算7週ものあいだ全米シングル総合チャートの首位に輝く大ヒットとなったことで知られるソウルジャ・ボーイと、アメリカのラッパーたちも数々駆けつけている。

制作陣も、彼らの代表曲“Made In China”を手がけたリッチー・スーフや、昨年ハイアー・ブラザーズとコラボレーションEP『Type-3』を制作したハリキリを始め、エミネム最新作『Kamikaze』の開幕を飾り、全米トップ10ヒットとなった“The Ringer”やシックスナインの“BeBe”を手がけてきたロニー・J、ケンドリック・ラマーのグラミー受賞作『DAMN.』で8曲に関わったことで知られるベーコン、ドレイクやビッグ・ショーン、ブライソン・ティラーらを手がけてきたフランシス・ガット・ヒート、メイドイントキオの“Uber Everywhere”を手がけたことで知られるK・スウィシャ、ケイシー・ヴェジーズ、ウィズ・カリファらからマライア・キャリー最新作『Caution』の表題曲にも関わったカナダの新鋭プロデューサー、ルカ、ジョーイ・バッドアスやマック・ミラーらを手がけてきたスペイン発のクッキン・ソウルなど、その顔ぶれは多彩だ。

ハイアー・ブラザーズはこの『Five Stars』の発売直前、「数年前はみんなで一緒に一部屋で暮らしていた、何も持たず、英語も一切分からずに。ここまで来られるなんて夢にも思わなかった。このアルバムは、俺たちの夢を象徴した作品だ」とコメント。3月からは、中国、北米、欧州を廻る世界ツアー〈Wish You Rich Tour〉も始まるが、このアルバムと共にさらなる躍進が期待されそうだ。

1. 16 Hours
2. Open It Up
3. Flexing So Hard
4. One Punch Man (feat. Ski Mask The Slump God & Denzel Curry)
5. Do It Like Me (feat. J.I.D)
6. Top (feat. Soulja Boy)
7. Sunshine
8. We Talkin Bout (feat. KOHH)
9. Gong Xi Fa Cai
10. Won’t Believe (feat. ScHoolboy Q)
11. Need Me Now (feat. Guapdad 4000)
12. Diamond
13. No More (feat. NIKI)
14. Zombie (feat. Rich Brian) [prod. by joji]

最終更新:2/26(火) 23:40
bmr.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事