ここから本文です

国交省、繁忙期避け人事異動 引っ越し難民対策で

2/26(火) 10:31配信

共同通信

 石井啓一国土交通相は26日の記者会見で、トラック運転手の不足により希望の時期に転居できない「引っ越し難民」対策として、国交省の今春の人事異動では繁忙期を避け、4月の2週目以降の転居を検討するよう職員に周知することを明らかにした。

 国民に引っ越し時期の分散を呼び掛けている国交省が率先して対応に乗り出した形だ。例年通り4月1日付などで異動を発令した上で、赴任時期をずらすことを想定している。石井氏は「業務に支障のない範囲で協力を求める」と述べた。

最終更新:2/26(火) 13:11
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事