ここから本文です

物価見通し、増税と教育無償化両方織り込んだ=黒田日銀総裁

2/26(火) 14:26配信

ロイター

[東京 26日 ロイター] - 日銀の黒田東彦総裁は26日午後の衆院財務金融委員会で、日銀が「展望リポート(経済・物価情勢の展望)」で示す物価見通しから、消費増税の影響を除外した数値の公表を取りやめたのは「増税と教育無償化の両方を影響を織り込んだため」と説明した。国民民主党の青山大人委員への答弁。

黒田総裁は「物価の基調を分かりやすく説明したいが、いろいろな要因を除外して消費者の実感とあまり異なっても好ましくない」と付け加えた。青山氏は日銀が2%の物価目標達成を事実上断念したためでないかと質問し、黒田総裁は否定した格好だ。

(竹本能文※)

最終更新:2/26(火) 14:26
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事