ここから本文です

鉛バッテリー、自動車用利益率が上昇

2/26(火) 11:57配信

日刊産業新聞

 自動車用鉛バッテリーの利益率が上昇している。経済産業省の生産動態統計から換算したバッテリー1個当たりの2018年12月販売単価は、3カ月連続で過去最高値を更新してキロ5443円。製造コストを示す生産単価との値差は900円前後まで広がり、バッテリーメーカーの国内事業利益に寄与している。昨年半ばからの製品高・原料安の同時実現とともに、価格競争が沈静化していることも背景にあるようだ。

最終更新:2/26(火) 11:57
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事