ここから本文です

テレ朝が韓国の「反日ビジネス」紹介 コメンテーターから出た異論

2/27(水) 19:03配信

J-CASTニュース

 テレビ朝日系の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」は2019年2月27日、元慰安婦らへの支援をしている韓国ブランド「MARYMOND(マリーモンド)」がスマートフォンケースを売っている事例などを「反日ビジネス」として取り上げた。

 番組中、この取り上げ方に対して、ビジネスインサイダージャパンの浜田敬子・統括編集長は反論を展開した。

■一部事例に「ちょっと違う」と指摘

 番組中、羽鳥アナは、「買い物で愛国心あおる?"反日ビジネス〟盛況」などと題したフリップを前に、4つの事例を紹介。「VTRでもちょっとありましたが、反日ビジネスが成立しちゃっている」と説明し、フリップのシールをめくりながら、パッケージに竹島(独島)の絵をあしらった化粧品や、「独島エビ」に見立てた乾燥エビ入りのカップラーメンなどを取り上げていた。

 スマホケースはこのなかの一例として紹介。羽鳥アナは「この柄ですね。『モクレン』『なでしこ』だそうなんですけど、これが慰安婦を表現している」と伝えた。利益の一部を、元慰安婦らに寄付しているという。

 テレビ朝日社員でコメンテーターの玉川徹さんは、「韓国に限らず、ビジネスの世界には志の低い人だっていっぱいいる」と意見を述べた。「日本は『反韓本』とかさんざん作ったじゃないですか。読んでみれば事実関係がやたら間違っていたりして、何十万部って売っているでしょ」と日本での事例を引き合いに持論を展開。出版社側の人に聞いた際、「やっぱり売れるから書く」と言っていたといい、「出版社も志の低い人がいっぱいいて金にしようと思って、しょうもない人に書かせたりしている。そういう意味で(「反日ビジネス」と)一緒ですよ」と切り捨てた。

 一方の浜田さんは、「マリーモンドが『反日ビジネス』というのはちょっと違う」と発言した。「おばあさんたちを支援しようというのと、『#MeToo』とかもやっている」とマリーモンドの取り組みを紹介。日本にも店が出ているといい、「デザインがかわいいから日本の女の子にも人気なんです」と説明していた。

「ステレオタイプになってしまうのかな」

 今回の紹介のされ方に対して、「そういう(「反日ビジネス」という)風に一緒にくくることで、メディア側も『反日ビジネス』がこんな盛況という風にステレオタイプになってしまうのかな」と疑問視。マリーモンドのかばんを持っていた女性の空港スタッフが、日本人から文句を言われるような事例があったことも紹介し、「そういうイメージをつけてはいけない」と求めていた。

 昨2018年12月8日の共同通信の報道などによると、マリーモンドは同年12月に日本でも衣類や雑貨の販売を開始。商品は、Kポップのグループメンバーらも身につけ、話題になっていた。

最終更新:2/28(木) 10:52
J-CASTニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい