ここから本文です

「大迫スタジアム」誕生へ 地元の鹿児島・南さつま

2/27(水) 6:43配信

共同通信

 鹿児島県南さつま市の加世田運動公園陸上競技場の名前が、同市出身のサッカー日本代表大迫勇也選手(28)にちなんで「OSAKO YUYA stadium」に変わることになった。市が大迫選手の今後の帰省に合わせて競技場の命名権を贈り、その授与式から5年間名前を変更する。

 大迫選手は南さつま市のスポーツ少年団でサッカーを始め、鹿児島城西高校、鹿島アントラーズなどを経てドイツのブレーメンに所属。昨年のワールドカップ(W杯)ロシア大会では、日本の決勝トーナメント進出に貢献した。

 市は、こうした活躍で市民栄誉賞と、副賞の命名権を贈ることを決めた。

最終更新:2/27(水) 6:48
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事