ここから本文です

高跳び日本記録保持者・戸辺直人が練習を公開 世界ランキング7位に「もうちょっと上がる」

2/27(水) 14:28配信

スポーツ報知

 男子走り高跳び日本記録保持者の戸辺直人(26)=つくばツインピークス=が27日、東京・北区の味の素トレーニングセンターで練習を公開した。

 26日に国際陸連から19日付で世界ランキング7位と発表され、「今朝もサイトを確認した。(20日の)デュッセルドルフの試合が含まれていないので、もうちょっと上がると思う」と語った。世界ランキング制度導入の新たな取り組みに「選手としては、自分が今何位なのか、情報を収集することが大事になってくる」と前向きにとらえた。

 この日は気温8度の曇り空の下、計13本の跳躍を披露した。跳躍は20日の世界室内ツアー最終戦以来。「(予定では)本数は跳ばないと言っていたが、跳んでいたら楽しくなって、いっぱい跳んでしまった」と笑顔。最大で2メートル20を跳び「この寒さでこれだけ跳べたら上々。最初は踏切の位置が定まらなかったけど、跳びながら調整できた」とうなずいた。

 今月2日に行われた室内競技会(ドイツ・カールスルーエ)で2メートル35をマークし、日本記録を13年ぶりに更新した。2メートル40を視野に入れながら、2020年の東京五輪出場も見据え、「東京でやるオリンピックは特別な大会。競技者としての集大成で迎えられるように」と力強く語った。

最終更新:2/28(木) 16:19
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事