ここから本文です

【特集】学力アップ!?読みやすいフォント 「UDフォント」が教育現場で広がるわけ

2/27(水) 13:14配信

MBSニュース

文字の「書体」=フォントについて意識したことはありますか。新聞や本、スマホなどで読まれる文字にはその用途にあった様々なデザインの書体が使われています。そんな中、開発に10年かけたある書体がいま、教育現場で注目を集めています。

開発に10年『UDデジタル教科書体』

大阪府和泉市で看板店を営む板倉賢治さん(53)。板倉さんは看板制作の傍ら、定期的に自分で手書きした作品を1年ほど前からSNSに載せるようになりました。

Q.全部手書きですか?
「そう、手書き。下書きはなしで」(板倉賢治さん)

国内でこの技術をもつ職人は数少ないといいます。そしてこの文字にはある特徴が。

「これ『角ゴシック』。角が角ばってるやつ。これ『丸ゴシック』。『ナール』って知らん?阪急電車の駅標、あれナールやで」(板倉賢治さん)

板倉さんは客が発注したイメージに合うように文字の形をあらわす「書体」にこだわりを持っています。その種類は『明朝体』と『ゴシック体』など、繊細さや力強さなど言葉の印象は書体によって大きく変わります。書体がデジタル化されたものを『フォント』と呼びます。数千種類もあるといわれるフォント。そのフォント業界で、ある画期的なフォントが誕生したといいます。

そのフォントを作った会社が大阪にありました。国内フォントシェア1位の老舗メーカーです。

「実際ここが文字を作っている現場です。モニターに大きく文字を拡大して映してみて、修正している作業です」(「モリサワ」デザイン企画課 富田哲良さん)

1つの書体をディレクターとデザイナーが3人ほどのチームを組んで開発します。

「これ(パソコン画面に映っている文字)がフォントに含まれるすべての文字になります。(Q.何文字くらいあるんですか?)これに関しては一番スタンダードなので、1万字くらいですね」(デザイナー 半田藍さん)

常用漢字や記号などを合わせて、最低でも1万字程度を一文字ずつデザイン。完成までに2~3年かかるといいます。その中で、なんと10年もの歳月をかけて開発したというフォントが…

「『UDデジタル教科書体』という教科書体です。いままでの教科書体が、実は読みづらいと感じている子どもたちがたくさんいらっしゃってですね、それをどうにかしたいな」(UDデジタル教科書体・推進担当 橋爪明代さん)

1/3ページ

最終更新:2/27(水) 14:10
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事