ここから本文です

広島・長野を「新井さん待遇」で万全サポート

2/28(木) 11:03配信

東スポWeb

 赤ヘルのニューヒーローが周囲の万全サポートを受けてコイのレギュラー奪取に挑む――。広島・長野久義外野手(34)が26日、新天地でのキャンプを無事完走した。今後はいよいよ広島を拠点とした日々が始まるが、チームメートや愛妻のフォローで新生活の準備は万端。また球団は遠征の際も“新井さん待遇”で背番号5をバックアップすることになった。

 連日フィーバーに沸いた広島のキャンプもこの日が最終日。衝撃の移籍で一躍“時の人”となった長野も赤いユニホーム姿がずいぶん板についてきた。「自分ではまだまだ見慣れないですね」と言うものの、グラウンド上でチームメートと談笑する様子は以前から在籍していた選手のよう。手締めを終えると「ケガなくできたので良かった。楽しくやっています」と白い歯を見せた。

 緒方監督は長野について「順調にきているんじゃない? まだ守備には就いていないが、ある程度メドは立てているし、ここからでしょう」と期待を寄せている。ただ、実績十分のベテランも層の厚い王者チームの中ではポジションを約束されているわけではない。長野はチームに溶け込めたかとの問いに「シーズンが始まってチームに貢献できれば、チームメートもそう思ってくれると思います」と応じ「オープン戦で結果を残して、開幕戦に出られるようにしたいです」と力強く意気込んだ。

 若い選手たちに比べれば練習量こそセーブしているが、ハートは誰よりも燃え盛っている。百戦錬磨のベテランだけに、開幕までにはきっちり仕上げるはずだ。心配があるとすれば広島を拠点とした生活が本格スタートすることだが、こちらも準備は万端のようだ。

 長野がキャンプでチームを離れられない間に、新生活の準備を進めたのは、さやか夫人。テレビ朝日のアナウンサー業で多忙な中、夫を支えるために単身広島入りして家探しに奔走した。関係者によれば、すでに夫妻の希望に沿う「セキュリティー万全」の新居が見つかったという。

 遠征の際は球団も強力サポートする。「長野のストレスを少しでも軽減したい」と関東遠征の際はチーム宿舎ではなく、自宅からの通勤を認める方針。これは昨季限りで引退したあのOBと同じ待遇だ。球団スタッフは「甲子園の阪神戦は新井さんも神戸の自宅から通っていましたからね。奥さまもいますし、長野も自分の家から通う方がリラックスできるでしょう」と話した。

 キャンプでは抑えていた実戦の左翼守備も間もなく本格解禁される見込み。3月2日には地元・佐賀で西武とのオープン戦が控え、さらに翌週はマツダスタジアムで古巣巨人との2連戦(5、6日)と注目試合が続く。年下のライバルたちを抑え、赤ヘルの背番号5は開幕戦のグラウンドに立てるか――。新天地を舞台に勝負の1か月が幕を開ける。

最終更新:2/28(木) 11:03
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事