ここから本文です

統計不正、首相「厚労省反省を」 再調査の監察委員長、隠蔽を否定

2/28(木) 10:14配信

共同通信

 安倍晋三首相は28日の衆院予算委員会で、厚生労働省の毎月勤労統計不正を再調査した特別監察委員会の追加報告書を受け「厚労省は真摯に反省し、信頼回復と再発防止に全力を挙げる必要がある」と指摘した。組織的な隠蔽を再び認めなかった追加報告書の公表から初の論戦。監察委の樋口美雄委員長(労働政策研究・研修機構理事長)は参考人として出席し、隠蔽を重ねて否定した。野党は「非常に甘い報告書だ」と厳しく批判した。

 根本匠厚労相は「統計に対する姿勢を根本から正し、再発防止を徹底する」と強調した。

 監察委がまとめた追加報告書は「虚偽の説明」と認定。一方で組織的隠蔽を再否定した。

最終更新:2/28(木) 13:01
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事