ここから本文です

日本一高い?駐車料7000円の謎 苦肉の福岡市案 ヤフオクD隣接の商業施設

2/28(木) 9:30配信

西日本新聞

 昨年秋に開業した大型商業施設・マークイズ福岡ももち(福岡市中央区地行浜)。約1300台収容の大型駐車場を備えているが、隣接するヤフオクドームで野球の試合やコンサートなどの大型イベントが開催される日に限り、特別駐車料金として7千円を徴収。ネット上で「日本一高い駐車場では」と話題になっている。どうして? 特命取材班が探った。

【駐車料の仕組み】特別料金7000円がかかる場合とかからない場合

 日曜の夜。「駐車料金は7900円です」-。施設内の精算機に表示された金額を見て、北九州市から来た20代の女性会社員は固まった。「高すぎる。特別料金とか知らないし…」

 この日はヤフオクドームで、人気音楽グループのコンサートが開催されていた。通常の駐車料金は30分150円だが、大型イベント開催日に重なったため、特別料金7千円が加算される。

 利用する全ての客が対象というわけではない。

 イベント開催時間中の90分間、「特別料金解除可能時間」が指定されている。加算されるのは、この時間帯以前に入庫し、時間帯以降に出庫する車が対象。時間内にマークイズで買い物をするか、施設内に設置されている専用機械に駐車券を通すと、特別料金は“解除”され、加算されない。

 「マークイズで買い物されるお客さまが優先的に入庫できるようにしたい」と同施設担当者。ドーム来場者に駐車場だけ利用されるのを防ぐのが狙いだ。

特別料金は福岡市が提案

 実は、この特別料金の仕組みを提案したのは、福岡市だった。

 ヤフオクドームは最も近い地下鉄唐人町駅から約1・5キロメートル離れている。東京ドーム(東京)やナゴヤドーム(名古屋市)のように、歩いて数分の最寄り駅がなく、どうしても自家用車での来場が多くなる。福岡ソフトバンクホークスによると、デーゲームが行われる週末、ドームにある約1700台収容の駐車場は、午前10時になると満車になってしまうという。

 かつてマークイズと同じ場所にあった「ホークスタウンモール」の場合、駐車料金が安かったことから、ドーム客がこぞってモールに駐車した。竹下和宏・福岡市交通計画課長は「ドームでイベントが開催される日、ドームの駐車場より先に、モールの駐車場が埋まる逆転現象も起きていた」と言う。周辺道路には車があふれ、近隣住民からの苦情も相次いだ。

1/2ページ

最終更新:2/28(木) 14:04
西日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事