ここから本文です

市道を勝手に「通行止め」 看板を置いた男を逮捕 香川・さぬき市

2/28(木) 12:13配信

KSB瀬戸内海放送

 香川県さぬき市の市道に、勝手に通行止めの看板を設置し、車の通行を妨害したとして男が逮捕されました。

 道路交通法違反の疑いで逮捕されたのは、さぬき市大川町の農業、頼富勝則容疑者(65)です。警察によりますと頼富容疑者は、2月20日の午前8時50分ごろ、さぬき市大川町南川の市道に「通行止め」と書いた看板を約150メートルの間隔で2枚設置して、数時間にわたり通行を妨害した疑いです。

 この看板は頼富容疑者が購入したもので、不審に思った近所の人からの通報があり、その日のうちに撤去されました。この看板により事故は起きませんでしたが、数台の車は道路を迂回したということです。

 警察の調べに対して頼富容疑者は「置いたのは間違いない」と容疑を認めています。

最終更新:2/28(木) 13:25
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ