ここから本文です

サティス製薬、「肌のハリ」低下にストレスが関与

2/28(木) 19:53配信

健康産業速報

 サティス製薬は、過剰なストレスがハリ低下に関与していることを確認したと発表した。試験は10~70代の女性約300人を対象に、肌の粘弾性(ハリ)と、精神的ストレスの指標である唾液中のコルチゾール量を測定、これらの関係を解析した。その結果、コルチゾール量の少ない女性では、肌の弾力が統計学的有意に高いことが示された。

 同社ではこの結果を受けて、ハリのある肌状態へと導く処方を開発。化粧品ブランド「METTLLASSE(メトラッセ)」を手掛けるハーベス(さいたま市)と協働で製品開発を進めていく。

最終更新:2/28(木) 19:53
健康産業速報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事