ここから本文です

アマゾン、「Dash」ボタンの販売を終了へ

3/1(金) 10:44配信

CNET Japan

 Amazonは、全世界で「Dash」ボタンの販売を終了することを決めたと米国時間2月28日に明らかにした。人々が使用を続ける限り、同社は既存のDashボタン経由での新規注文をサポートし続ける予定だ。

 それでは、Dashボタンはなぜ廃止されるのだろうか。Amazonによると、このデバイスは、コネクテッドホームの概念を今日のものに近づけるのに貢献したため、自らの成功の犠牲になってしまったという。

 当初からDashプログラムの拡大に尽力したAmazonのバイスプレジデントのDaniel Rausch氏によると、Dashボタンが最初に発売された2015年の時点では、コネクテッドホームガジェットの選択肢は今よりもはるかに少なかったという。Amazonの従業員は、ペーパータオルやプリンタのインクなどの食料雑貨類、わざわざ外出して購入することを面倒くさく感じるほかのあらゆる商品について、「購入の手間を不要にする」方法を考え出そうとしていた、とRausch氏は述べた。

 従業員らは従来の家電製品にちょっとしたインターネット接続機能を一瞬で追加(例えば、洗濯洗剤用のDashボタンを洗濯機に設置)できる即席の方策として、Dashボタンを採用した。

 この4年間で、Amazonは何十種類もの商品のDashボタンを開発し、何百万個ものDashボタンを出荷した。

 Rausch氏は、「Dashボタンはコネクテッドホームの世界への素晴らしい足がかりとなった」と述べ、後に「われわれが想像していたのは、ユーザーの自宅に500個のボタンがあるような未来ではなく、ユーザーが面倒くさいと感じる日用品の補充などの作業を、自宅が自動的に処理してくれる未来だ」と言い添えた。

 Dashボタンの必要性は以前に比べると大幅に低下している。今日では、多くの家電製品がインターネットに接続している。AmazonもWhirlpoolやサムスンなど、世界中の大手メーカーの何百種類もの製品に自社の「Dash Replenishment Service」(DRS)を統合している。 DRSは、家電製品が必要な商品を自動で再注文できる機能を提供する(例えば、プリンタだと新しいインクを自動で購入できる)。ボタンを押す必要さえない。

 さらに、Amazonは自社のウェブサイト上に仮想Dashボタンを作成し、「Alexa」を通して音声で商品を購入できる機能を開発したという。

 Dashボタンの廃止を嘆く必要はない。

 「Dashボタンの中核的な使命が成功したことに疑問の余地はない」(Rausch氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:3/1(金) 13:31
CNET Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事