ここから本文です

小野大輔「ヤマト2202」航海を終え“全クルー”に感謝「この旅を一緒にしてくれてありがとう」

3/2(土) 14:10配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」シリーズの最終章「新星篇」の上映記念舞台挨拶が3月2日、東京・丸の内ピカデリーで開催され、キャストの小野大輔、桑島法子、神谷浩史、鈴村健一、山寺宏一、手塚秀彰、中村繪里子、羽原信義監督、シリーズ構成の福井晴敏が出席した。「第一章『嚆矢篇』」の公開から約2年。スタッフ&キャストは、時折瞳をうるませながら、長く過酷な“航海”を振り返った。

 2012~14年にイベント上映やテレビ放送などで展開された「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編となる本シリーズ。完結を迎えた心境を問われた羽原監督は、「先ほども(別の上映回で)舞台挨拶をさせていただいたのですが……」と感極まり、言葉を詰まらせる。福井が「(前の舞台挨拶で羽原監督が)泣きそうになってました」と明かすと、羽原監督は「今も既にそんな感じです」とこぼした。

 作品への思いはキャスト陣も強く、中村は「羽原さんの涙につられ、先ほどの舞台挨拶で涙をこらえていらした小野さん」「楽屋に戻られてもずっと涙を……」と小野が涙したことを告白。小野は「なんで言うんですか!」と赤面しながらも、「僕も不思議だったんです。なぜか涙があふれてくる。この作品に関わってきて、辛いことが多かったんですね、古代としては。それが全部、今日報われたのかな」と感慨深げに語る。

 一方の桑島も「収録がない間もヤマトに乗っている緊張感というか、ヤマトとともに生活している感覚がずっとあった」と瞳をうるませ、「それが急に最終回で『これで終わりです』となったらものすごく寂しくなってしまって。とても受け止めきれないみたいな気持ちになってしまった。でも試写を見て、今日挨拶をしたら、これで本当にひと区切りなんだという思いがしています」と噛み締める。

 鈴村は「期待していただいて大丈夫です。第7章、すばらしいものになっています」と言葉に力を込め、神谷は「時間をかけてキャスト、スタッフの皆さんと信頼関係を育んでいきながら、エンディングまでたどり着けているということが、この作品が素晴らしい結末を迎えるにあたっての、一番の原動力だったのではと思っています」と熱弁をふるう。

 さらに山寺も、「中学生のころから『ヤマト』の大ファンで、デスラーも大好きなキャラクターでした。とにかくプレッシャーでした」「でも終わって見ると、自分のことなんてどうでもよくて、とにかくこの素晴らしい物語に、参加できてよかったという思いが第一ですね」とシリーズへの思いを爆発させる。手塚は、「なんとか第7章を迎えることができました」と安堵の表情を浮かべた。

 “ヤマト愛”を爆発させたスタッフ&キャスト。小野は、全員の思いを受け「本当に感謝でいっぱいです。長い旅を続けてきましたが、最初はプレッシャーがあり、偉大な作品を僕たちが今演じる意味をたくさん考えました」「今この時代に生きている僕たちの熱量で、魂で、この船は進めたと思っています」とうっすらと涙を浮かべ、「皆さんがヤマトクルーです! 本当に、この旅を一緒にしてくれてありがとうございました」と客席に熱く呼びかけた。

最終更新:3/4(月) 17:44
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事