ここから本文です

iPhone修理、他社電池でも可能に

3/2(土) 16:31配信

ITmedia NEWS

 Appleは2017年3月から、同社の「Apple 製品 1 年限定保証」に関して、他社製メモリやHDなどでアップグレードしたMacなどと同様に、他社製コンポーネントの有無に関わらず保証範囲と修理サービスに関する限定保証を確約し、有償修理を可能とする変更を行い、iPhoneの液晶ディスプレイが他社製部品(TPP)であったとしても、その部品による影響でない修理の場合は、保証対象の修理サービスが受けられるよう変更した。

部品交換に関するAppleCare+の規約

 ただ、他社製のメインロジックボード、Lightningコネクタなどの他社製部品、機能上に問題のある他社製バッテリーなどの修理は断られる場合があり、他社製バッテリー品による交換と知らずに街のApple非正規修理業者で、iPhoneのバッテリー修理を依頼してしまい、その後、Appleの修理サポートが受けられない事例が発生していた。

 Appleは2019年2月28日から、この他社製修理部品使用による有償修理サポート対象として、iPhoneバッテリーを含める方針に変更している。

 今後、iPhoneは、サードパーティ製のディスプレイおよびバッテリーを使用していたとしても、バッテリーの欠損および損傷などがなく、安全であると判断された場合、有償修理が受けられることになる。

 AppleCare+は「Apple純正コンポーネント」の修理のみ対象となり、他社製部品には適用されない。

 他社製部品をApple純正部品に交換することで、AppleCare+保証の対象製品となる。

 なお、他社製のメインロジックボード、他社製のLightningコネクタ、他社製のボタン類などの他社製部品などを使用していて、修理が受けられない項目も存在しているので、非正規修理業者で修理するメリットはないと思われる。

ITmedia NEWS

最終更新:3/2(土) 19:42
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事