ここから本文です

東京マラソン先頭集団ペースメーカーは2時間4分29秒ペース 大迫ら日本新なるか

3/2(土) 17:12配信

デイリースポーツ

 「東京マラソン2019」(3日、都庁前~東京駅前)

 テクニカルミーティングが2日、都内で行われ、先頭集団のペースメーカーは、1キロ2分57秒~58秒のペースに設定された。

【写真】1億円が飛び出した昨年の東京マラソン

 想定フィニッシュタイムは2時間4分29秒から2時間5分11秒。2日段階で当日の天気は曇り。気温は8度が想定されており、条件は上々。日本記録(2時間5分50秒)保持者の大迫傑(27)=ナイキ=ら日本勢に日本記録更新の期待が懸かる。

 記録への障害となる可能性があるのは風。現状では北北西の風3メートルが想定されているが、予報によっては、6~11メートルもあるという。東京マラソン財団の早野忠昭レースディレクターは「条件は悪くない。気になるのは風だけ」と、話した。

 前日の会見では目標タイムに「??????」と書き込んだ大迫。この日は午前中に約30分間、宿舎近くで調整した。会見では「できる限りのことはやってきた」と話していた。勝負に徹した先に、さらなる快記録が待つ。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事