ここから本文です

【HEAT】石井慧がアームロックで王座奪取、試合後には相手の反則に怒りの抗議

3/3(日) 0:20配信

イーファイト

格闘技イベント「HEAT 44」(3月2日 愛知・名古屋国際会議場イベントホール)

【フォト】試合後、石井が怒りの猛抗議であわや乱闘に

▼HEAT総合ルールヘビー級タイトルマッチ 5分5R
●カルリ・ギブレイン(ブラジル/BRAZILIAN THAI/王者)
一本 2R 3分54秒 ※V1アームロック
〇石井 慧(チームミルコ/SBCヘビー級王者/挑戦者)
※石井が新王座に就く。

 石井が日本でMMA(総合格闘技)の試合をするのは2017年4月の『RIZIN』でヒース・ヒーリングと戦って以来となる。

 迎え撃つ王者ギブレインは2018年9月のHEATで、藤田和之を1RでKOしているイ・サンス(韓国)を3Rにパウンド連打によるTKOで破り王座を獲得。戦績は3勝無敗。今回が初防衛戦となる。

 1R、右ストレートを狙うギブレインに石井は一度左ボディストレートを放つと、2度目は同じタイミングでタックルに入る。テイクダウンを奪うとすぐに相手の頭をまたぎ、得意のアームロックの体勢に。ここでギブレインがヒザで石井の頭部を蹴ってしまい、寝技でのヒザ蹴り行為で反則の注意を受ける。

 再開後、石井は顔面に鉄槌を入れつつアームロックを仕掛け続け、センタクバサミ(両足で相手の首を挟んで頸動脈を絞める技)も狙う。石井は横四方固めで抑え込みながら頭部にヒジ打ちとパンチを打ち続けた。

 2R、ギブレインの右ミドルをキャッチしてテイクダウンした石井は再び横四方固め。じっくりと時間をかけてマウントを奪うとパウンドを強打。そして横四方固めに戻ると一気にV1アームロック(相手の腕がVの字になるようにして極めるアームロック)。一本勝ちでタイトルを奪取した。

 試合が終わると、石井は怒りの表情を浮かべてギブレインとその陣営に猛抗議。ベルトとトロフィーをもらっても怒りは収まらず、ベルトを巻いてもすぐに外し、トロフィーも手で強く払う。

 温厚な石井がこんなに怒りを表すのは珍しく、試合後の囲み取材には「KSW(3月23日、ポーランド)の試合に照準を合わせているのでそれに万全で行きたいというのがあった時に、アマじゃないんだから。ルール説明もあって日本語も流暢なのにあんなことしちゃダメですよ。あり得ないことですね」(試合後のコメント)と、1Rでギフレインが寝技時に禁止されている頭部への反則ヒザ蹴りに対しての怒りだった。3週間後、大きな試合に向けて練習も万全の準備で挑みたいがための怒り。幸い反則技で大きな怪我には至らず控え室では普段の石井に戻り和やかに記者の質問に答えた。

 また、試合後のマイクでは「HEATのベルトをディフェンス(防衛)出来るように頑張って練習して、またここに来たいと思います。3週間後にKSWの試合が決まっています。また応援お願いします」と、HEATに再び出ることをファンに約束した。

最終更新:3/3(日) 10:08
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事