ここから本文です

“3代目・山の神”神野大地、プロの意地ワイルドカードMGC切符「素直にうれしい」

3/4(月) 6:06配信

スポーツ報知

◆東京マラソン(3日、東京都庁スタート~東京駅前ゴール=42・195キロ)

 順大出身で、箱根駅伝の“元祖・山の神”こと今井正人(34)=トヨタ自動車九州=が2時間10分30秒で日本人2位(全体6位)に入り、MGC出場権を獲得した。青学大OBの“3代目・山の神”こと神野大地(25)=セルソース=も2時間11分5秒で走り、ワイルドカードでのMGC切符を獲得。日本記録保持者の大迫傑(27)=ナイキ=は寒さの影響もあり、29キロ過ぎで途中棄権した。MGC(9月15日)の出場権をかけたレースは、男子はびわ湖毎日、女子は名古屋ウィメンズ(ともに10日)のみとなった。

 神野がプロランナーの意地を見せた。15キロ過ぎで1キロ3分ペースの集団から遅れたが踏ん張り、35キロからの残り7・195キロは優勝したレゲセに次ぐ2番目のタイムでカバー。2時間11分5秒で走破し、ワイルドカード(上位2レースの平均が2時間11分以内)でMGC切符をもぎ取った。

 プロとしてMGC進出は最低限の仕事としてとらえており、「プレッシャーもあったが、クリアできて素直にうれしい」とホッとした表情で話した。今回で出場権を得られなければドイツのハンブルク・マラソン(4月28日)に参戦する準備も進めていた。

 もちろんMGC進出は通過点にすぎない。4月はエチオピアで標高2700メートルの超高地合宿を行い、さらなる強化を図る。「目標は東京五輪でメダル獲得」と公言する。「3代目・山の神」は箱根の山より高い頂を目指す。(竹内 達朗)

 ◇山の神 箱根駅伝で最も過酷な5区の山上り。05年大会で15位でタスキを受けた今井は、区間新で11人をごぼう抜き。驚異的な走りから「山の神」の異名を取った。2代目は柏原竜二(東洋大)。09年、1年生ながら8人抜きで当時の区間記録を更新。4年連続区間賞を獲得した。卒業後は富士通に入り、負傷の影響で17年に現役引退。現在は富士通のスポーツチームのサポート活動をしている。3代目の神野は3年生で迎えた15年、一部コース変更のために参考記録扱いとなった柏原の記録を24秒更新。翌年は区間2位。

 ◆神野 大地(かみの・だいち)1993年9月13日、愛知・津島市生まれ。25歳。神守中1年から陸上を始め2012年、中京大中京高から青学大へ入学。箱根駅伝は2年2区6位。3年5区1位で初優勝の立役者となった。4年時は5区2位で連覇に貢献。16年に卒業後、コニカミノルタに入社。18年に退社し、プロランナーに転向。165センチ、46キロ。

最終更新:3/4(月) 13:13
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事