ここから本文です

京都大学・文学部の学生が就職する上位企業ランキング

3/3(日) 19:00配信

LIMO

3月に入り、2020年卒業の大学生による就職活動についての話題を耳にするようになってきました。業界研究や企業研究に時間をかけているという学生も多いのではないでしょうか。

シリーズでお伝えしている「就活企業研究シリーズ」。今回はその中でも京都大学文学部の卒業生が就職する就職先人数が上位企業ランキング及びそのうち上場企業1社をピックアップし、有価証券報告書をもとに過去5年間の業績動向、従業員数、年間平均給与や最近1年間の株価動向について見ていきましょう。

京都大学文学部の卒業生が就職する上位企業ランキング

京都大学が2018年9月に発表した2017年度における同大学文学部を卒業した学生の就職人数が二人以上の就職先は以下の通りです。

 ・日本放送協会:4人(3人)
 ・関西電力:3人(3人)
 ・アクセンチュア:2人(1人)
 ・朝日新聞:2人(0人)
 ・WAVE:2人(1人)
 ・大阪ガス:2人(2人)
 ・京都府:2人(0人)
 ・神戸市:2人(2人)
 ・東京都:2人(1人)
 ・日本生命:2人(1人)
 ・三菱電機:2人(1人)
※カッコ内は女子で内数

文学部では142名が就職し、そのうち2名以上の就職先が先に示したものです。

就職先企業の業績、従業員数、給与と最近の株価

さて、上位就職先企業について、特徴的な企業の業績動向や従業員数、給与とともに最近の株価を見ていきましょう。

大学に入学する際には自分が勉強したいことがさらにできる大学、また自分の学力や偏差値にあった学校を選ぶという作業は誰もがしてきたかと思います。

一方で、高校生の段階で「大学卒業後にどの企業に就職しているのか」というところまでは気が回らないと思います。興味にしたがって、または入れた学校に入学したというのが実際ではないでしょうか。大学を卒業する前に就職したい企業を事前に知っておくというのはよいのではないでしょうか。

 関西電力

同社の過去5年の業績動向を見ていきましょう。

まず、経常利益(損失)を見ると、2014年及び2015年3月期はそれぞれ1000億円台の経常損失の状況でしたが、2016年3月期からは黒字に転じています。2000億円をはさんで経常利益は推移しており、2018年3月期には2171億円の経常利益となっています。

また、投資家が注目する(親会社株主に帰属する)当期純利益(純損失)は、先ほどと同様に2014年及び2015年3月期は当期純損失となっていましたが、以降は1400から1500億円台での当期純利益を計上しています。

では、同社の従業員数や給料はどうなっているのでしょうか。

連結の従業員数は3万2527人。また単体の従業員数は1万9243人。単体の平均年間給与は757万円で、平均年齢は43.0歳となっています。ちなみに、単体の経常利益を従業員数で割った一人当たり経常利益は、756万円となっています。

最後に同社の過去1年の株価動向について見てみましょう。

一言でいえば値もちの良い堅調な株価といえます。1年前は1200円を超える水準で推移していたものの、5月にかけて上昇。その後は1600円を挟んだ展開となっています。現在も1600円台を維持しています。

1/2ページ

最終更新:3/3(日) 19:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事