ここから本文です

【新日本キック】「ミスセブンティーン2018」のモデル・アリスがデビュー戦で勝利

3/4(月) 0:10配信

イーファイト

 3月3日(日)東京・後楽園ホールにて開催される新日本キックボクシング協会主催『MAGNUM 49』で、エイベックス・マネジメント株式会社所属で「ミスセブンティーン2018」のモデル・高橋アリス(15=伊原道場)がキックボクシングデビュー戦を行った。

【フォト】笑顔でマイクアピールするアリス

 高橋アリスは日本人の父とイスラエル人の母を持つハーフで、4歳の時からキックボクシングの名門・伊原道場で練習を積んできた。リングネームは「アリス」で、この日のデビュー戦ではトーエルジムの栞夏(かんな)と対戦。

 1Rからアリスは左ジャブを突いて伸びのある右ストレート、右ミドルで前進。2Rには栞夏の左フックを被弾しながらも前に出るアリスは手数で優位に立つ。3R、パンチで攻めるアリスに対し、栞夏は組み付いてクリーンヒットを許さない。判定で勝利したアリスは「今日はデビュー戦で勝つことが出来て嬉しいです。Seventeen(ファッション雑誌)の誌面に出ているので応援よろしくお願いします」とアピールした。

最終更新:3/4(月) 12:56
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事