ここから本文です

MONKEY MAJIK×岡崎体育、コラボ曲MV公開。「日本語に聞こえる英語、英語に聞こえる日本語」がテーマ

3/5(火) 14:40配信

rockinon.com

MONKEY MAJIKと岡崎体育とのコラボレーション曲“留学生”のミュージックビデオが公開された。


“留学生”は、MONKEY MAJIKが3月6日(水)にリリースするコラボレーションアルバム『COLLABORATED』に収録されている。

コラボのきっかけは、メンバーのメイナード(Vo・G)がもともと岡崎体育のファンだったことに始まるという。いつか一緒に何かできればと思っていたところ、NHK連続テレビ小説『まんぷく』で共演の機に恵まれ、撮影が終わってからコラボをアプローチ。双方のライブに足を運びながら一緒にコンセプトを固め今回の楽曲の完成に至ったとのこと。

「岡崎さんとコラボをするなら、『日本語に聞こえる英語、英語に聞こえる日本語』をテーマにしたい」と考えたところからスタート。どんな歌詞が空耳っぽく聞こえるか、まずサビのワードを考える中で、「You gotta stay」というフレーズが「留学生」に聞こえると至り、そこから全体の歌詞をつめていったという。80’sテイストのダンサブルなサウンドにのせて、MONKEY MAJIKが歌う英詞はベタなラブソングを、岡崎が歌う日本詞は海外での留学生活ネタをベースに2つのパラレルワールドが表現されている。

メイナードは「日本語を聞いても、英語を聞いても2つの世界が楽しめるトリックソングに仕上がりました!何度も繰り返し聞いてください」とコメント。なおMVは、アメリカの学生街を舞台に、シュールなドラマシーンも入れ込んだダンスMVとなっている。MONKEY MAJIKはダンスパーティーに呼ばれた外注バンド、岡崎は歌詞の世界の通り日本から留学してきた学生の設定。最初は内気で人前で恥ずかしくて、うまく溶け込めずにいる留学生の岡崎だが、最後はダンスパーティーに参加して人前でダンスを披露、会場にいる皆を魅了しヒーローになるというストーリーとなっている。また岡崎はダンスもすべて本人が考案。「最高のパーティーにしますよ、今日。任せてください」とコメントし、キレキレなパフォーマンスの合間に歌詞にちなんだフリも見せていたという。

またコラボレーションアルバム『COLLABORATED』には本作のほかにも、サンドウィッチマンとの“ウマーベラス”をはじめ、大橋トリオ、SIRUPなどとの新作のほか、セルフカバーやリミックスなど計11曲が収録される。


●リリース情報
『COLLABORATED』(読み:コラボレーテッド)
<発売日> 2019年3月6日(水)
<収録内容>
・CD
M1:ウマーベラス / MONKEY MAJIK × サンドウィッチマン
M2:BLiNK / MONKEY MAJIK × UQiYO
M3:Funny Faces / MONKEY MAJIK × THE CHARM PARK
M4:留学生 / MONKEY MAJIK × 岡崎体育
M5:Promenade / MONKEY MAJIK × 大橋トリオ
M6:Million Stars / MONKEY MAJIK × SIRUP
M7:The Sandwich Man –part 2-
M8:クリスマスキャロルの頃には -NORTH FLOW- / MONKEY MAJIK × 稲垣潤一 × GAGLE
M9:A.I. am Human -TOSHIKI KONDO Ukulele ver.-
M10:Tokyo lights -AmPm remix-
M11:ウマーベラス -TeddyLoid remix-

・DVD / Blu-ray
「ウマーベラス」 Music Video
「クリスマスキャロルの頃には -NORTH FLOW-」 Music Video
MONKEY MAJIK スペシャルインタビュー

<形態>
・CD + DVD:4,860円 AVCH-78113/B
・CD + Blu-ray:4,860円 AVCH-78114/B
・CDのみ:3,240円 AVCH-78115

MONKEY MAJIK オフィシャルサイト

rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

最終更新:3/5(火) 14:40
rockinon.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事