ここから本文です

元子役・美山加恋の成長に驚きの声!「綺麗になった」と反響

3/5(火) 12:04配信

シネマトゥデイ

 元子役の美山加恋が、4日に放送されたフジテレビ系月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」第9話にゲスト出演し、「大人になった!」「綺麗になった」と視聴者を驚かせた。

「トレース」に登場した美山加恋【写真】

 本作は、錦戸亮が主演を務める科捜研を舞台としたサスペンスドラマ。第9話には和田正人と美山がゲストとして登場し、和田が仮出所したばかりの男・富樫康太を、美山が富樫の元交際相手・胡桃沢綾乃を演じた。

 2004年に放送されたドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」で草なぎ剛演じる主人公の娘・小柳凛役を務め(当時7歳)、天才子役として注目を浴びた美山。彼女にとって、子役として出演した2005年のドラマ「危険なアネキ」以来、約13年ぶりの月9出演となった。

 いまや22歳となり、すっかり大人になった美山の姿に視聴者は驚いたよう。SNS上には「大きくなった」「大人になったなぁ」「めちゃくちゃ可愛くなった」「綺麗になった」「わからなかった!」といった声が次々と上がった。

 子役時代から活躍を続ける美山は近年、舞台やアニメの分野でも精力的に活動し、その幅を広げている。ミュージカル「赤毛のアン」(アン・シャーリー役)や舞台「銀河鉄道999」(クレア役)などに出演。人気アニメ「プリキュア」シリーズ14作目「キラキラ☆プリキュアアラモード」で主人公の宇佐美いちか/キュアホイップの声優を務めたことも大きな話題を呼んだ。(編集部・小山美咲)

最終更新:3/5(火) 12:33
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事