ここから本文です

衆院内で被災地物産販売 福島県産品の風評払拭に力 大島衆院議長

3/5(火) 11:19配信

福島民報

 大島理森衆院議長は4日、衆院議員会館で開かれている東日本大震災被災地の物産品販売会を視察し、東京電力福島第一原発事故に伴う県産品の風評払拭(ふっしょく)に一層、力を尽くす考えを示した。 
 大島氏は「国民に風評と言われることがないよう、政府と一緒に努力する」と強調。県産品などの輸入規制を続けている国については「入り口をオープンにしてもらわなければいけない」と述べ、規制撤廃を訴えた。 
 視察には渡辺博道復興相、高市早苗衆院議院運営委員長が同行した。 
 イベントは7日まで。6、7の両日は福島県の特産品が販売される。 

福島民報社

最終更新:3/5(火) 11:30
福島民報

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事