ここから本文です

マンションデベロッパーの大同建設(株)ほか2社、破産開始決定

3/5(火) 13:41配信

東京商工リサーチ

 大同建設(株)(TSR企業コード:660141965、法人番号:3140001069299、西宮市下大市西町2-14、設立昭和39年12月、資本金9500万円、川崎利行社長)と、関連の(株)丸善(TSR企業コード:660356791、法人番号: 7140001070435、同所、設立昭和45年8月、資本金7900万円、同社長)、(株)日産(TSR企業コード:130115975、法人番号:1140001069755、同所、設立昭和61年7月、資本金1000万円、同社長)は2月18日、神戸地裁尼崎支部より破産開始決定を受けた。破産管財人には阪田健夫弁護士(弁護士法人ライト法律事務所、尼崎市御園町21、電話06-6415-3110)が選任された。
 負債は、大同建設が約85億1700万円、丸善が約45億5800万円、日産が約3億1500万円で、3社合計約133億9000万円。
 大同建設は、マンションデベロッパーとして展開し、平成2年6月期の売上高は152億6133万円を計上していた。しかし、バブル崩壊後は不動産市況の急速な冷え込みで業績は悪化の一途をたどり、4年6月期には債務超過に陥った。8年6月期には売上高が1億7574万円にまで落ち込み、債務超過額は83億1764万円にまで拡大。その後、事業を停止して債務処理を進めていたものの、グループ2社とともに今回の措置となった。

最終更新:3/5(火) 13:41
東京商工リサーチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事