ここから本文です

「デジタル発酵する風景」落合陽一氏がSXSW2019で提示する未来ビジョンに注目

3/5(火) 19:01配信

FNN PRIME

落合陽一氏が統括ディレクターに

2019年3月8日から17日、アメリカ・テキサス州オースティンで開催される、テクノロジー、音楽、映画の3ジャンルを横断する世界最大規模のカンファレンスSXSW(サウスバイサウスウエスト) 2019。

【写真を見る】オースティンで3日間限定オープン、日本館のCG画像をチェック

そのSXSW2019会場にて、3月9日から11日の3日間、日本館「THE NEW JAPAN ISLANDS(ザ ニュージャパンアイランズ)」の展示が行われる。

統括ディレクターは落合陽一氏。

「デジタル発酵する風景」をコンセプトに、食やデジタル文化、サブカルチャーなどを含む、変容する日本文化の生態系をポジティブに受け止め、独自視点で未来ビジョンを発信する。

落合陽一氏は3月9日(土)15時からSXSW2019公式セッションにスピーカーとしても登壇。

「Nature and Aesthetics: New Theories from Japan(自然と美:日本からの新しい理論)」と題された1時間のプレゼンテーションでは、70年代から現代までを俯瞰しながら、日本に古来からある美意識「侘び寂び」の再定義を通じて、人工と自然が融合した新たな自然論(デジタルネイチャー)を語る。

また、日本からは東京大学大学院工学系研究科の近藤早映主任研究員が公式スピーカーとして登壇。

2019年3月9日(土)9時半より「Collaborative Community Design for Area Revival(地域復興の共創コミュニティデザイン)」と題したセッションで、新潟県長岡市で「土間」を活かした震災復興や、富山県上市町のアニメと連動した地域活性化についてプレゼンテーションを行う。

SXSW2019 10のトレンド

3~4年、あるいはさらに先の「未来」に関する熱いディスカッションが特徴的なSXSW。

今年はイベント運営側から2019年の10のトレンドが発表された。

Blockchain is Building Web 3.0(ブロックチェーンが構築するWeb3.0)
Conquering an Era of Digital Distrust(デジタルへの不信感の克服)
Doc and Genre Films Are Booming at the Box Office(ドキュメンタリーやホラーが映画館でブーム)
Evolution of Transportation and Delivery(輸送と配達の進化)
The Evolving Cannabis Consumer(進化する大麻消費)
Job Design and the Future of Work(仕事のデザイン、未来の仕事)
Music and Blockchain Hopes Over Hype(音楽&ブロックチェーンへの期待)
Rapid Rise of Subscription Services(サブスクリプションサービスの急増)
The Value of Human Touch in Music Curation(音楽のキュレーションにおける人間の感覚の価値)
XR Is Now(XRの時代に突入)

フェイクニュースという言葉も一般化し、2018年のFacebookによる相次ぐデータ流出なども背景に、デジタルへの不信感が増大、それをどう克服していくのか、という空気を感じとる事ができる。

そのような状況の中で、スターバックス元CEOで2020年の米大統領選に出馬を検討しているハワード・シュルツ(Howard Schultz)氏や、ニューヨーク州選出でソーシャルメディアを駆使しAOC旋風を巻き起こしている、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス(Alexandria Ocasio-Cortez)議員なども登壇する。

1/2ページ

最終更新:3/5(火) 19:01
FNN PRIME

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事