ここから本文です

毒舌レギロン、メッシを「ノミ」&スアレスを「ウサギ」と罵る

3/5(火) 11:41配信

SPORT.es

2日にサンティアゴ・ベルナベウで行われたレアル・マドリー対FCバルセロナのクラシコは大きな興奮に包まれていた。

決戦目前にモドリッチがチーム批判!?レアル再び分裂危機か

セルヒオ・ラモスがメッシの顔に肘鉄を喰らわすという危険な反則行為をしたことで、両クラブの選手たちの間には火花が散った。

TV番組『Vamos』で放映された試合の動画で、両クラブの選手たちの緊張状態がはっきりと見て取れる。

中でもマドリーのDFセルヒオ・レギロンがレオ・メッシとルイス・スアレスに食ってかかる様が明らかになった。

レギロンはまずスアレスに向かい、「俺に触れるな。俺に触れるなよ、醜いのはお前だ、醜いのはお前の方だ!このウサギ!」と叫んでいる。

一方でスアレスはそれに動じず挑戦的な様子でレギロンに向かっている。

この2人のいさかいを見たメッシがその場に割って入ったが、レギロンはメッシに対しても「何を言ってるんだ?お前は何かに刺されたのか?ノミのくせに」と偉そうな態度で悪口をついている。

(文:SPORT)

SPORT

最終更新:3/5(火) 11:41
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事