ここから本文です

『8 beat Story♪』空乃かなでとAIトークを大橋彩香・開発スタッフ語る

3/6(水) 15:01配信

マイナビニュース

大橋彩香インタビューが語る空乃かなで

2016年5月から配信中の音楽アプリゲーム『8beatStory♪』(エビスト)。リアルと連動した展開などでも注目を集める本作だが、2019年2月15日より作中に登場するキャラクター・空乃かなでと会話ができる機能「空乃かなで AIトーク」が実装された。

マイナビニュースでは、スマホ向けアイドル音楽ゲームで実装するのは国内初となった本機能の魅力を深掘りすべく、空乃かなでを演じる声優の大橋彩香、そして『エビスト』の総合プロデューサーをはじめとする本機能の開発に尽力した4人のキーマンにインタビューを実施。空乃かなでのことに加え、今後の展望などについてもそれぞれに伺った。

■大橋彩香編

――大橋さんが演じる空乃かなでがどういうキャラクターなのか教えてください。

かなでちゃんは強力なアンドロイドType_Zのプロトタイプで、物語の軸となっている「8/pLanet!!」(ハニプラ)の敵として登場します。ただ、敵とは思えないくらい愛らしいルックスと素直で純粋な心の持ち主なんですよ! あとは、平家ことねというネットアイドルのことが大好き。平家ことねの正体は「ハニプラ」メンバーのひとりである源氏ほたるちゃんなんですけども、運命的な何かがあってか、ほたるちゃんとも仲良くなるんですよね。

――最近の大橋さんはお姉さんキャラクターなどをよく演じられるので、幼くて可愛いキャラクターはなんだか新鮮でした。

たしかに、最近は妹がいるお姉ちゃん役を演じることが多かったので、妹ポジションのような幼いキャラクターを演じるのは珍しいかも。あとはごくごくふつうの女の子役を演じる機会が多いので、ここまで特徴的な喋り方をする子もなかなか演じてこなかった気がします。

――「かたじけない」や「~なのである」など武士のような口調でしたね。

そこもかわいいですよね!

――そんな可愛らしいキャラクターですが、Type_Zという新型アンドロイドのプロトタイプで、しかも一度音楽バトルに負けるとMotherの意向によりデータを消去されるというはかない存在でもありました。

ようやくほたるちゃんが自分の探していた平家ことねだと分かったのに、音楽バトルに負けたことで消えちゃうんですよね。とても切ないお話で悲しかったですが、かなでちゃんはとてもいい人たちに巡り合えたと分かる心温まる物語でもありました。

――そんなデータを消去されたかなでがここにきて復活。しかも音楽ゲームでは国内初となるAI会話機能のキャラクターとしての再登場となります。最初にお話を頂いたときはいかがでしたか?

また演じられると聞いて嬉しかったです! 改めてお話しを頂いてから2回に分けてボイスの収録をしたのですが、とてつもないボリュームだったことを覚えています。

――大体どのくらいのワード数を録りました?

1000以上はありましたね。自分のなかでは声が高めのキャラクターなので、カロリーの消費量が半端なかったです(笑)。

――なかでもお気に入りのボイスを挙げるとすれば……。

ほたるちゃんの真似をして喋るセリフはめちゃくちゃリテイクを重ねて録ったので、ぜひ聞いてほしいですね(笑)。

――そういうセリフも出てくるんですね!

「エナジーブルが足りないわね」っていう感じのセリフなんですけども、これが難しくて……。試行錯誤しながら録った記憶があります。もう聞いた方もいらっしゃるかなぁ? たぶんほたるちゃんに関するトークをすれば出てくると思います。出てきたらぜひ報告してください!

――以前に配信されたニュースリリースでは各キャラクターや学園の設定に詳しいとも書かれていました。

そうなんです! 各キャラクターについてのセリフもたくさん録りました。あとは自分自身のことや学園のことなど、ゲームの裏設定的な部分も収録したので、『エビスト』で分からないことがあったらかなでちゃんに聞いてみてください。彼女は歩く『エビスト』辞典です(笑)。

――今度聞いてみたいと思います(笑)。すでにAI機能を実際に体験されたとのことですが、触ってみていかがでしたか?

頑張って収録してよかったなぁと思いました。というのも収録したのが多い分だけ、自分がユーザーとして遊ぶとなるとバリュエーションが豊富に用意されているってことじゃないですか。それだけトークの数も楽しめるんだなぁというのが触ってみた感想です。これからも定期的に録ってトークの幅を広げていきたいですね。あとはLive2Dの技術が使われているので、表情や動きも交えながら喋ってくれるのがいい! 見た目が幼くてより育てている感が出ているので、ハマっちゃいそうです……!

――色々なゲームをプレイされてきた大橋さんも興味深々ですね!

ですね! アイドルって、歌もダンスもまだまだって状態から、段々と上手になっていくのを見守る過程が良いときがありませんか? それと同じように今回もレベルのようなものがあって、会話をすればするほどボキャブラリーも増えていくので、その過程を見守っていけるのがユーザーとしても楽しみだし、嬉しいです。自分がいっぱい話しかけたからこんなに言葉を覚えてくれた、「私が育てた」という感じがあって、いいと思います!

――大橋さんが演じるかなでもですが、『エビスト』はアンドロイドをストーリーのなかで扱っており、作品としても密接な関係にあります。そこもポイントな気がします。

確かに。元々物語に関わりのあるものが、こうやって派生するということはそれだけ作品に寄り添っているってことですよね。それはユーザーの方々にとって嬉しいポイントな気がします。あとは国内初とニュースで見たときに驚きました!

1/4ページ

最終更新:3/7(木) 20:30
マイナビニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事