ここから本文です

副作用を利用 花粉症の薬が睡眠改善薬として転用されている

3/6(水) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

【市販薬との正しい付き合い方】

 薬の中には「副作用」を逆手に取って、本来使われてきた症状とは別の症状に使うようになったものがあります。

 市販の睡眠改善薬もそのひとつです。いよいよ本格的な花粉症シーズンが到来して、鼻水、くしゃみ、目のかゆみといった症状に悩まされている方も多いのではないかと思います。

 昔はこれほど花粉症の患者さんは多くなかったような気がするのですが、それは置いておきましょう。

 そうした花粉症の症状を抑える薬といえば「抗アレルギー薬」です。その多くはヒスタミンという生体内の物質を抑えることによって効果を表すため、「抗ヒスタミン薬」と呼ばれています。

 抗ヒスタミン薬の代表的な副作用としては、口の中や喉がカラカラになる口渇や眠気が挙げられます。

 特に眠気は、車の運転や集中して行わなければならない作業の際には危険が伴うため要注意です。

 一方で、この抗ヒスタミン薬の「眠気」の副作用を逆手にとって、「睡眠改善薬」として販売されている薬があります。処方箋がなくても薬局やドラッグストアで購入できる市販薬(OTC薬)で、入眠を促進して睡眠を改善する=眠気を誘う薬です。

「ジフェンヒドラミン」という抗ヒスタミン薬を有効成分としている薬がそれに当たります。ジフェンヒドラミンはアレルギー症状に古くから使われてきましたが、眠気の副作用が強く、今は新しい世代の抗アレルギー薬に取って代わられています。そんな強い眠気の副作用を睡眠改善薬として利用したわけです。

 医療用の睡眠導入剤とは成分も作用機序もまったく異なります。また、ジフェンヒドラミンの眠気には耐性ができやすい(薬が効かなくなりやすい)といった欠点もあります。とはいえ、「副作用を利用する」という逆転の発想によって生み出された薬があるのは興味深いといえます。また同時に、薬になるくらい影響が大きい副作用もあるので、それだけ注意が必要なのです。

(神崎浩孝/医学博士、薬剤師)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事