ここから本文です

自己PRも面接もスマホでOK 広がる“スマホ就活”とは?

3/6(水) 15:00配信

MBSニュース

企業の多くは都市部に本社を置くため、就職活動は地方の学生にとっては不利ともいわれています。そんな状況を改善しようと、あるシステムが広がろうとしています。スマホを使った就職活動、『スマホ就活』とはどういうものなのでしょうか。

スマホ使った「動画面接システム」

3月1日に解禁された、来年春に卒業する学生を対象とした企業の採用説明会。大阪・南港のインテックス大阪では約1000社がブースを連ね、1万人もの学生らが集まりました。

本格的にスタートした就職活動ですが、その選考方法にいま変化が起きています。東京・大手町にオフィスがあるベンチャー企業「ZENKIGEN」。代表の野澤比日樹さんは企業の採用の形を変えるあるシステムを開発しました。それが、スマートフォンを使った『動画での面接システム』です。一体どんなものなのか、辻憲太郎解説委員が体験させてもらいました。

まず、学生がスマホを使って企業の求人にエントリーすると、スマホに返信メールが届きます。そして、そこに書かれているURLにアクセスすると、勤務希望地や重視する点など企業側からの質問が出てきます。それに答えると…

「『カメラがブレないように固定しましょう』とスマホの画面に出てきました。これは基本、学生さんが自撮りということですね」(辻解説委員)

今度は、自己PRを動画で送るよう指示がありました。45歳の辻解説委員、学生に戻ったつもりで撮影してみることに。


「『初めまして、辻憲太郎と申します。中国語がしゃべれます。ぜひ中国語を生かして、アジアで活躍したいと思います。どうぞよろしくお願いします』いいんじゃないですか?」(辻憲太郎解説委員)

そして、画面の指示に従って動画を投稿すれば終了です。

(辻解説委員)「これで終わり!?簡易版を体験させてもらいましたけれども、エントリーする側からすると気楽にできますね」
(野澤さん)「エントリーのときに使われる会社もあれば、そのあとの一次面接の代わりに使う会社もありますし、会社によってはこれで合否判定する会社もあります」

1/3ページ

最終更新:3/6(水) 15:00
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事