ここから本文です

「女性議員が増えることで、本当に、暮らしやまちは良くなるのか?」(柿沼とみこ埼玉県議会議員へのインタビュー・聞き手:池田麻里)

3/6(水) 19:02配信

選挙ドットコム

2018年5月に成立した「候補者男女均等法」では、女性候補の割合を50%にするよう政党に努力義務を求めている。女性議員の増加は、政治や社会にどんな変化をもたらすのだろうか。

今回は埼玉県議会議員の柿沼とみこ氏。自由民主党所属の2期目。高校卒業後に埼玉県庁へ入庁、働きながら、子育てをしながら、嫁業もこなしつつ、学業を続け、埼玉県庁で女性初の環境防災部長に就任した元祖スーパーウーマン。知事特別秘書を務めたのち、2008年3月、県内初の女性町長として大利根町町長に当選。加須市、騎西町、北川辺町との合併を成功させる。2011年から埼玉県議会議員。私が最も尊敬する女性です。2019年の仕事始め、埼玉県新年会の後にお話を伺いました。

一日24時間では足りない毎日からプロ意識を育む

-では最初に、高校をご卒業後、県庁職員を目指されたきっかけをお聞かせください。

私達の時代-50年以上前の話になりますと、女性が働ける場がそれほどありませんでした。そこで、伯父から「公務員なら試験を受ければ社会進出できる、男女関係なく働ける」と埼玉県庁を勧められ受験して入庁しました。
今、思い返すと、県民のためという思いを基本路線にすれば良いので、私に適していたのだと感じています。

-当時の女性職員は毎朝同僚にお茶を出していたと聞きましたが・・・。

お茶くみには全く抵抗はありませんでしたね。私も毎日出していました。お茶どころかコーヒーとか、あらゆるものを出していましたよ(笑)その分、重い物とか高い所の物を取るということが私は苦手なので、男性職員がやってくれましたしね。

ただ、私が公務員としてのプロ意識を認識するきっかけが何度かありました。
ひとつは労政事務所へ異動になった時。その頃、人事異動の着任日は5月1日でした。
でも、5月1日ってメーデーですから。労政事務所の全職員が出払ってしまっておりました。私にとっては勤務初日です。勤務場所の労政事務所へまいりましたが、誰もいない訳です。
当時は労使の対立も激しかった頃だから、ストライキもあちこちで起きていて「俺が今日勤めに行けない分の賃金をどうしてくれるんだ!」とか苦情の電話がじゃんじゃんかかってきました。でも私はまだ辞令も受け取っていなくて、どこへ配属になるかも、業務内容ももちろん分かっていません。だから「今、誰もいなくて留守なのですが・・・」と答えたら「あんた、県職員だろう?あんたがいるだろう。」と返ってきました。その言葉を聞いた瞬間、私はもうプロなのだと自覚しなければ!と思い知りました。

1/10ページ

最終更新:4/12(金) 17:03
選挙ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事