ここから本文です

「エヴァ」新作予告を盗撮、投稿→容疑者を送検 スタジオカラーが発表

3/6(水) 14:19配信

BuzzFeed Japan

アニメーション映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の特報(予告映像)が劇場で盗撮され、ネット上に投稿されていたことについて、制作会社スタジオカラーは3月6日、容疑者が著作権法違反容疑で書類送検されたと発表した。

特報映像は2018年7月20日に全国の映画館で封切られたが、直後に映画館で盗撮されたとみられる映像がネット上に投稿された。

こうした事態を受けて、スタジオカラーは同年7月26日、東宝・東映の3社との共同名義で注意喚起を発表。

劇場で作品を盗撮する行為の違法性を指摘した上で、盗撮した映画本編や特報をネット上に投稿することが著作権侵害にあたると警告。「こういった行為に対しては厳しく対処していく」「アップロード元は匿名でも特定が可能」と訴えていた。

3社は注意喚起とあわせて、キングレコードのYouTubeチャンネルで特報映像を公式映像として公開した。

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」2020年公開予定

違法アップロードを受けて、スタジオカラーは警察に告訴状を提出。捜査が進められていたという。

容疑者が送致されたことを受けて、スタジオカラーは「映画館で映画を撮影して複製することは、映画の盗撮の防止に関する法律および著作権法により禁じられています」と改めて注意を呼びかけた。

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」は2020年に公開予定。今年1月31日には「打ち入り」の開催を報告している。

2007年から始まった「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズは、これをもって完結するとしている。

最終更新:3/6(水) 14:42
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事