ここから本文です

瀬古利彦が語る、マラソンとゴルフの共通点

3/6(水) 20:52配信

TOKYO FM+

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「五洋ホールディングス presents SUNDAY BACK NINE」。3月3日(日)の放送は、前回に引き続き、DeNAランニングクラブ総監督で日本陸連・強化委員会マラソン強化戦略プロジェクトリーダーの瀬古利彦さんが登場。マラソン競技やゴルフについて、いろいろと話を伺いました。

【写真を見る】パーソナリティの丸山茂樹

◆マラソンの練習に休みはない

丸山:前回365日休みなく走ると伺いましたが、試合で42.195kmを走り切って全力投球した翌日はさすがに休みますよね?

瀬古:朝5時から走りますよ。

丸山:ちょっと待ってください……本当ですか!?

瀬古:本当ですよ。朝も昼も走ります。休むときがないんですから。

丸山:体への負担があるんじゃないですか?

瀬古:走ったほうが筋力がほぐれて、逆に休養になるんです。

丸山:走った後にケアをしたり?

瀬古:当然、マッサージなどのケアはしますけど、練習を休むことは基本ないですね。1日3食摂る食事と同じで、選手は必ず2回は走らないといけない。

丸山:今でも走ったりすることはあるんですか?

瀬古:月に3~4回ゴルフをやって、走るのは月に1回ぐらいですね。ゴルフをやるとストレスが抜けるんです。走るとストレスが溜まるけど(笑)。だって走るのはつらいけど、ゴルフは楽しいもん。

丸山:確かにつらいですよね(笑)。

瀬古:ゴルフばかりやっていると、「お父さんばかり遊んで!」ってカミさんに怒られちゃって。「ゴルフは仕事なんだ。人間関係を作るのにゴルフは最高だ」って言ってね。

丸山:素晴らしい。

瀬古:遊んでいるように見えて、人間関係を作ってくれるのがゴルフですから。走っているだけじゃ作れない。

丸山:体重や体調管理もされている?

瀬古:現役を引退して30年間は走っていました。急にやめると体がおかしくなるので。

丸山:でもしっかりと体型維持をされていて。

瀬古:ゴルフ場で風呂に入ると「瀬古さんもお腹が出てきましたね」って言われるもん。昔はシックスパックだったけど、今はワンパック(笑)。

丸山:ゴルフは4時間半ぐらいかかるスポーツですけど、マラソンと比べていかがですか?

瀬古:僕は体力があるほうなので、後半のほうがいい。人が乱れてくるのを楽しんで見ています。

丸山:下半身がゴルフの基本ですから、パッティングとかにも影響が出てくるんですよね。

瀬古:同年代からしたら、体がふらついたりはしないですね。

1/2ページ

最終更新:3/6(水) 20:52
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事