ここから本文です

スズキが連日の大幅安! 日経平均株価は3日ぶり反落

3/6(水) 7:20配信

LIMO

株式市場の振り返り-日経平均株価は3日ぶり反落、一時▲163円安もその後は下げ渋る

2019年3月5日(火)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

 ・日経平均株価 21,726円(▲95円、▲0.4%) 3日ぶり反落
 ・TOPIX 1,619.2(▲8.3、▲0.5%) 3日ぶり反落
 ・東証マザーズ株価指数 943.9(+5.8、+0.6%) 3日続伸
東証1部上場銘柄の概況

 ・値上がり銘柄数:663、値下がり銘柄数:1,382、変わらず:87
 ・値上がり業種数:2、値下がり業種数:31
 ・昨年来高値更新銘柄数:17、昨年来安値更新銘柄数:10
東証1部の出来高は11億642万株、売買代金は2兆252億円(概算)となり、いずれも前日より減少しました。特段目新しいニュースがなかったところに、米国株が一時大幅安となったことを受けて模様眺めムードが継続となりました。

売買代金はかろうじて2兆円を維持しましたが、厳しい薄商いとなったようです。

そのような中、日経平均株価は終日マイナス圏で推移しました。寄り付きは大幅安となったものの、前場の序盤には一時▲23円安まで下げ幅を縮小する場面が見られました。しかし、その後は再び下げ幅を拡大し、前場の終盤には一時▲163円安まで下落する場面も見られています。

後場はやや膠着状態になりましたが、最後はやや盛り返して2桁の下落幅に止めて引けました。それでも、3日ぶりの反落となっています。

なお、TOPIXも同じような値動きで3日ぶりの反落となりました。

東証マザーズ株価指数は3日続伸、売買代金は20日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は7,488万株、売買代金1,311億円となり、いずれも前日より減少しました。前日よりは減ったものの、医療バイオ関連株を中心に個人投資家の物色意欲回復は続いており、売買代金は20日連続で1,000億円超となりました。

また、一部の主力株に買い戻しが入ったこと等により、株価指数も3日続伸となって再び950ポイントが近づいてきました。今後の動向が注目されます。

1/2ページ

最終更新:3/6(水) 7:20
LIMO

チャート

東京エレクトロン8035
14265円、前日比-365円 - 6/17(月) 15:00

チャート

アドバンテスト6857
2529円、前日比-76円 - 6/17(月) 15:00

チャート

日立製作所6501
3967円、前日比-38円 - 6/17(月) 15:00

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事