ここから本文です

EU、「デジタル税」導入見送りへ 大手IT企業は一安心か

3/7(木) 3:07配信

ロイター

[ブリュッセル 6日 ロイター] - 欧州連合(EU)の財務相らは来週12日に行われる会議で、大手情報技術(IT)企業を対象とする「デジタル税」の導入を見送るとみられることが、内部資料で明らかとなった。

今回の会議はデジタル税導入に向けた最後の機会とみられている。グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>やフェイスブック<FB.O>などは一安心となりそうだ。

議長国を務めるルーマニアは会議向け資料の中で「一部諸国からの反対が依然として根強い」と指摘。その上で、今後は経済協力開発機構(OECD)が進める世界的な税制改革に協力することで一致する見込みとした。

EUの税制改革を巡ってはアイルランドや北欧諸国が強硬に反対しているほか懐疑的な立場を取る国もある。一方、フランスやイタリア、スペインは国単位でのデジタル税導入に舵を切っている。

最終更新:3/7(木) 3:07
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい