ここから本文です

大迫傑、棄権後初の公の場 MGCへ「万全の状態でスタートラインに」1億円贈呈式で

3/7(木) 15:26配信

デイリースポーツ

 3日に行われた東京マラソンで4度目のマラソン挑戦で初めての途中棄権となった日本記録保持者の大迫傑(27)=ナイキ=が7日、都内で行われた日本実業団連合の日本記録褒賞贈呈式に出席した。昨年10月のシカゴマラソンで2時間5分50秒の日本記録を樹立し、1億円が贈呈された。

【写真】口元を押さえ、えずく東京マラソンでの大迫…顔色は悪く苦悶の表情

 棄権後、初の公の場となった大迫は終始固い表情で「東京も終わって、いよいよ大事なMGCが9月にある。また練習を積んで、万全の状態でスタートラインに立てるようにしたい」と、9月の東京五輪代表選考会・MGCでの巻き返しを誓った。

 東京マラソンで日本記録をマークした昨年10月のシカゴマラソン以来のレースとなった大迫は、序盤から先頭集団の後方につけていたが、中間地点付近で遅れはじめると、そのまま失速。28・85キロ地点で立ち止まり歩き始め、29キロでコース外に外れ棄権した。気温6度を下回り、冷たい雨に体温を奪われて、低体温症を発症した模様。レース後は取材エリアには姿を見せず「スタート地点から寒くなって、身体が動かなくなり棄権せざるを得ない状況でした」と、大会事務局を通じて、コメント。翌日、自身のツイッターを更新し、「言い訳はありません。強くなって9月帰ってきます!」と、綴っていた。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事