ここから本文です

NHKが上方落語家アイドル育成番組「上方ルーキーズ」

3/7(木) 17:56配信

スポーツ報知

 NHK大阪放送局は7日、大阪・中央区の同局で定例の局長会見を行い、上方の若手落語家をアイドルに育成するプロジェクト番組「上方ルーキーズ」(24日・深夜0時10分、関西ローカル)を放送すると発表した。

 かつて、大阪・毎日放送の公開バラエティー「ヤングおー!おー!」内で、桂文珍(70)、桂きん枝(小文枝を襲名、68)、月亭八方(71)、4代目林家小染(84年死去)による落語家アイドルユニット「ザ・パンダ」が結成された。菅原健一プロデューサーによると、桂文枝(75)と話をしていた際に「(上方落語協会会長の)任期中に落語界からスターを育てられなかったのが心残りだ」という話があり、局側から「『ザ・パンダ』みたいなものを作りたい」と打診したという。

 上方落語界を挙げてのプロジェクトとなる予定で、ファッションセンスやダンスなどのオーディションが行われ、振付師の真島茂樹(64)、NMB48の“ファッション番長”村瀬紗英(21)らが審査。17~53歳までの参加51人から現在は26人まで絞り込んでおり、最終的には4~5人のグループを見込んでいるという。

 若手落語家の発掘とともに、落語に興味のない若年層までファン層を広げたい考えだ。ただ、現状ではこの初回放送分しか企画が通っていないそうで、同プロデューサーは「アイドルとして売れるところまで見届けるとなると4~5年はかかる。なんとか2回目以降放送できれば」と意欲を示していた。

最終更新:3/7(木) 23:55
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事