ここから本文です

AKB48劇場支配人・細井孝宏氏が退任 NGT48めぐりSNSに不適切な投稿

3/7(木) 21:10配信

オリコン

 アイドルグループ・AKB48を運営する株式会社AKSは7日、AKB48劇場支配人・細井孝宏氏の退任をグループ公式ブログで発表した。山口真帆の暴行被害問題で第三者委員会が調査中であるNGT48をめぐって6日夜、細井氏や元関係者がツイッターに不適切な投稿をしたことを受けての決定。前NGT48劇場支配人・今村悦朗氏との契約も解除される。なお、AKB48劇場支配人は一旦空席とすることも発表された。 

【写真】契約解除となった前NGT48劇場支配人今村悦朗氏

 ブログでは同社の代表取締役・吉成夏子氏、運営責任者兼取締役・松村匠氏の名前で、「本日、AKSは、昨夜の元関係者のツイッター投稿を受け、NGT48に関する事案について第三者委員会にて調査中であるにも関わらず、立場ある人間が不適切な行動をしてしまったことを、会社として厳粛に受け止め、前NGT48劇場支配人今村悦朗との間の契約を解除するとともに、AKB48劇場支配人の細井孝宏の退任を発表いたします」と報告した。

 また、「この度の一連の騒動において、多くのご批判の声を頂いているところ、上記ツイッター投稿に関してもさらにご叱責を頂いて おります。こういった皆様からの声に真摯に耳を傾け、ファンの皆様にもう一度心から愛されるグループを目指し、自らを変革して参りたいと存じます」と省み、「改めて不快な思いをされた全ての方に深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした」と謝罪している。

 この騒動では6日夜、細井氏、今村氏、元AKB48劇場支配人の戸賀崎智信氏の3人が酒の席と思われる場所で談笑する様子が細井氏らのツイッター個人アカウントに投稿された。第三者委の調査中であるにもかかわらず、戸賀崎氏のアカウントでは「色々聞いた。みんなぐたらない(原文まま)報道に惑わされないように」とのメッセージも併せて投稿されており、同氏らの投稿にネットで批判が相次いでいた。当該の投稿は現在、すべて削除されている。

最終更新:3/9(土) 18:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事