ここから本文です

毎朝「カップ麺」を食べ続けて4年の男性 「健康は気になるけれどやめられない」

3/7(木) 17:34配信

DANRO

日清食品の創業者、安藤百福(あんどうももふく)さんが世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を作ってから、昨年で60周年。NHKの朝の連続テレビ小説「まんぷく」の影響もあり、チキンラーメンは過去最高の売り上げを記録したそうです。日清食品は1971年に「カップヌードル」を発売。いまやスーパーやコンビニには、ラーメンだけでなく、うどんや焼きそば、パスタなど、さまざまなカップ麺が並ぶようになりました。

【画像】この4年間、毎朝カップ麺を食べ続けている山田浩さん

大阪狭山市に住む会社経営者・山田浩さん(58歳)は、遠方への出張時などを除き、毎朝、カップ麺を食べ続けています。「朝カップ麺」を始めてから、はや4年。通算1000食以上は食べています。なぜカップ麺を食べ続けるのか。山田さんにその魅力について聞きました。(渡辺陽)

イチローの「朝カレー」がきっかけ

――フェイスブックに毎朝、カップ麺の画像とコメントをアップしていますが、はじめたきっかけは何だったのでしょうか。

山田:いつも、犬の散歩から帰ったら朝ごはんを食べるのですが、妻はまだ寝ているので、「自分で作ることができて、簡単でうまいものを食べよう」と思ったんです。カップ麺を食べ始める前に、野球のイチロー選手が毎朝カレーを食べていると聞いて、「朝カレー」を始めてみたんです。でも、レトルトカレーはアイテムが少なくて、あまり長く続けられませんでした。そこで、アイテム数の多いカップ麺を食べることにしたんです。

――必ず、コンビニで売っているカップ麺を食べていますね。

山田:そうです。スーパーでは、まず新商品を見かけることがありません。たぶん、市場調査をするためにコンビニに新商品を置くのでしょうね。新しい商品が次々と出てくるのですが、パッと出て、パッと消えてしまいます。冷凍食品などと違って、日々進化するのが楽しいんです。定番商品に依存していないスタイルに興味をそそられます。

――カップ麺だけでなく、ラーメンにも詳しいですよね。

山田:以前から、ラーメンマニアの方のブログをよく見ていて、休みの日に娘と一緒に食べ歩きしていたんです。カップ麺が、行ったことのあるラーメン屋さんとのコラボ商品だと、「あ~、やっぱり実店舗のほうが断然うまいなあ」と思うこともあります。逆に、カップ麺を食べて、「この店に行ってみたい」と思うのも楽しみのひとつです。とにかくラーメンが好きで、朝「ラー活」をして、昼はお店でラーメンを食べることもあります(笑)

1/2ページ

最終更新:3/7(木) 23:47
DANRO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事