ここから本文です

西野七瀬、好きな顔は向井理「奥二重は好き」

3/7(木) 8:22配信

MusicVoice

 乃木坂46を卒業した西野七瀬が5日放送のカンテレ『グータンヌーボ2』に出演。タレントのゆきぽよ、若槻千夏とトークを展開し、好きな男性のタイプなどの話で盛り上がった。

 ゆきぽよから「アイドル時代にこの人、イケメンだなって思うことは?」と聞かれた西野は「思います。思います」とうなずき、若槻から具体的な顔を尋ねられた。

 西野は「二重じゃない人がいいです」と話し、「パチッていう…が、なんか苦手で」と目力の強い人が得意ではないと説明。ゆきぽよが「塩顔だ」と指摘すると、西野は大きく相槌を打ちながら「塩顔だ、塩顔です」と肯定した。

 そして、ゆきぽよが好きな顔として「向井理さん」を取り上げると、西野は何度も「うん」と応じ、「カッコイイですね」と同意した。

 ただ、若槻は「向井理さん、二重だった気がするけど?」と西野の主張との食い違いを突っついたが、ゆきぽよと同時に「奥二重じゃないですか?」とした西野。その場は爆笑に包まれ「奥二重は好きなんですよ」とし、その場で若槻がスマホで向井が「奥二重」であることを確認した。

 また、「行ってみたいデートスポット」を尋ねられた西野は、「一人でスーパー行った時とかに、カップ麺のコーナーで、カップルが指さしてああだこうだやってたんですよ」と説明。カップルの仲睦まじそうな雰囲気が「すごいうらやましいなって」とすると、ピュアな状況描写に2人は驚きの様子を見せていた。

 この日の放送で、西野は自宅の部屋についても紹介。「シンプルです。シンプル、質素です」とし、「ベッドカバーとか枕は全部、無地のグレー」と女の子らしいものは置いていないようだ。

 観葉植物やサボテンも枯らしてしまったという西野。「1回、お花をドライフラワーしようと思って逆さに吊るしてたんですよ」と話したが、仕事が忙しくそのまま置いたままにしていたところ、「虫の卵があったみたいで」と当時を振り返り、2人を引かせていた。

最終更新:3/7(木) 8:22
MusicVoice

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事