ここから本文です

BUCK-TICK 新曲「RONDO」がTVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』エンディング主題歌に決定

3/8(金) 8:00配信

エキサイトミュージック

BUCK-TICKの新曲「RONDO」(読み:ロンド)が、2019年4月より、フジテレビ系TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』のエンディング主題歌となることが決定した。

フジテレビ系TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』は、アニメ第1期の放送開始から50周年のアニバーサリーイヤーとなった2018年に新シリーズ(第6期)に突入、現在も好評放送中。そして、4月7日(日)の放送より2年目に突入し、新章「地獄の四将編」がスタートすることになったが、その新エンディング主題歌をBUCK-TICKが担当することになった。

楽曲は『ゲゲゲの鬼太郎』のために、新たに書き下ろした曲「RONDO」が飾る。なお、「RONDO」に関するリリース等の情報は近日発表される。

■BUCK-TICKメンバーコメント

【『ゲゲゲの鬼太郎』エンディング主題歌起用について】
■櫻井敦司
小さい頃は鬼太郎を観て育ちました。
鬼太郎は人間の弱さや愚かさ、悲しみや苦しみ、ささやかな喜び、これらを幼い僕に教えてくれました。
そして、今回エンディング曲を歌えたことで妖怪たちの仲間になれた気がしてとても幸せです。
鬼太郎ありがと。

■今井寿
『ゲゲゲの鬼太郎』は子供の頃から、馴染みのある漫画です。
ダークで新しい世界に加われて嬉しいです。

■星野英彦
幼い頃 観ていた『ゲゲゲの鬼太郎』の、あの不気味な雰囲気の中にもどこか引きつけられる感覚は、今でも覚えています。
そして、一度聴いたら耳から離れないあのテーマ曲。大好きでした。
そのエンディング主題歌になったことはとても嬉しく思います。

■樋口豊
子供の頃から見ていた『ゲゲゲの鬼太郎』のエンディングテーマに採用されてとても嬉しく、そして光栄です。
『ゲゲゲの鬼太郎』&BUCK-TICKをよろしくお願いいたします。

■ヤガミ・トール
TV初放送から見ているので、エンディングで自分たちの曲が使われること大変嬉しく思います。
良い感じに仕上がった曲なのでぜひ聴いてください。

【新曲「RONDO」について】
■櫻井敦司
これは夢?
人は何処からやって来て何処へゆくの?
仮面の下の顔は笑っているの? 泣いているの?
可愛い猫が夢の世界へご案内致します。
ねこ娘のおかげでとてもロマンティックな曲になりました。

■今井寿
歌いましょう
踊りましょう
さあ 夜の始まりだ

■星野英彦
従来のBUCK-TICKの音にヴァイオリンやアコーディオンが入ることによって、より一層、深い曲に仕上がっています。

■樋口豊
また新しいBUCK-TICKの世界観を出せた曲だと思います。

■ヤガミ・トール
BUCK-TICKのゴシックな世界観が味わえる楽曲に仕上がったと思っています。

■タイアップ情報

フジテレビ系TVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』
放送局:フジテレビほか
放送日時:毎週日曜朝9時~(※地域により放送時間・曜日が異なる)
エンディング主題歌:「RONDO」 / BUCK-TICK
放送日:初回O.A 2019年4月7日(日)
番組URL:

最終更新:3/8(金) 8:00
エキサイトミュージック

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事