ここから本文です

和田アキ子「デスは同志みたいな存在」 デストロイヤーさん死去に悲しみ

3/8(金) 12:15配信

デイリースポーツ

 日本でプロレスブームを巻き起こした立役者でもある覆面レスラーのザ・デストロイヤー(本名・リチャード・ベイヤー)さんが7日(日本時間8日)に亡くなったことが分かった。88歳。息子でプロレスラーのカート・ベイヤー氏が自身のフェイスブックで明かした。1973年から79年まで放送された日本テレビ系「金曜10時!うわさのチャンネル!!」で長らく共演した歌手の和田アキ子は「デスは『うわさのチャンネル』で一緒にがんばった同志みたいな存在です」と偲んだ。

【写真】徳光和夫にスリスリ お茶目なデストロイヤーさん

 和田は所属事務所を通じコメントを発表。「悪役レスラーだったのに、そのキュートなキャラクターでお茶の間の人気者になり、一時代を築いたことは本当にすごいと思います」と振り返り、「ご自宅に何度もお呼ばれして、家族ぐるみのお付き合いをさせていただきました」と悲しんだ。

 和田がデビュー40周年を記念して米・ニューヨークのアポロシアターでライブを行った際も「普通にチケットを買ってきてくれていて、アンコールでお花を持ってステージ近くに駆けつけてくれた時はビックリしました。本当にうれしかったです」とデストロイヤーさんの温かい人柄も紹介。最後に会ったのは2年半前の雑誌の対談だったといい「昔話に花が咲いて、とっても楽しい対談でした」と懐かしんでいた。

 和田とデストロイヤーさんは「金曜10時!うわさのチャンネル!!」で共演。せんだみつおも交えた掛け合いが話題となり、人気番組に発展した。デストロイヤーさんがゲストに4の字固めをかけ、悶絶させるシーンも話題となった。

最終更新:3/8(金) 15:25
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事