ここから本文です

ネット上のデマだった「モモ・チャレンジ」、子どもを守るために親ができること

3/8(金) 15:07配信

The Telegraph

子どもを守るためにできること

 ひどい内容のコンテンツがソーシャルメディア上に存在し続けているというニュースは過去に何度も詳細が報じられてきた。

 AT&Tやネスレ(Nestle)、人気ゲーム「フォートナイト(Fortnite)」を手掛けるエピックゲームズ(Epic Games)は2月、子どもを食い物にする動画の横に自社の広告が掲載されていることを理由に、ユーチューブでの広告を取りやめた。これに対しユーチューブは、「迅速な対応」を取ったと述べている。

 北アイルランドの警察は、「子どもたちのオンラインでの活動に親も関わることが非常に大切」だと親たちに呼び掛けている。

 警察はこの中で、「親が子どもにオンラインでの危険を教え、オンライン上で不安なことや不審な人に出会ったら、誰かに話すよう伝えてほしい」と強調した。【翻訳編集】AFPBB News

「テレグラフ」とは: 1855年に創刊された「デーリー・テレグラフ」は英国を代表する朝刊紙で、1994年にはそのオンライン版「テレグラフ」を立ち上げました。
「UK Consumer Website of the Year」、「Digital Publisher of the Year」、「National Newspaper of the Year」、「Columnist of the Year」など、多くの受賞歴があります。

2/2ページ

最終更新:3/8(金) 15:14
The Telegraph

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事