ここから本文です

婚活女子が注目 “国防男子”自衛官が大人気、その理由とは―

3/8(金) 18:10配信

Hint-Pot

“国防男子”との出会いを求める婚活女子が増加中!?

 今ドキの婚活で、アラサー女子の間でメジャーになっている「3強」というフレーズ。「結婚生活に強い、不景気に強い、身体が強い」男性が、結婚相手として人気を集める傾向にあるようです。そんなワードを反映するように警察官や消防士、自衛官などいわゆる“国防男子”との出会いを求める婚活女子が増加中。なかでも、自衛官限定の婚活パーティーは女性の申し込みが定員オーバーする盛況ぶりを見せているそうです。

 結婚に興味がない若い男女が増えていると言われる昨今。そんな社会の流れに逆らうほどの人気の秘密を探るべく、男性を自衛隊員に特化した「自衛隊プレミアムクラブ」主催の婚活パーティーに潜入しました。婚活女子が語る結婚相手としての自衛官の魅力のひとつに意外な理由もありました。

「自衛隊プレミアムクラブ」プロデューサーを務めた元自衛官の板津近良(ちから)氏は婚活市場においての自衛官人気をこう分析します。

「2011年の東日本大震災後、救援活動をした自衛隊員に対して世間の人たちの見る目がポジティブに変わったと感じています。今年も地震や台風で災害救助や支援を行う機会が多く、報道などで自衛隊員が活動している姿を見る機会が増えています。そういう姿から身近な存在と感じて、頼りがいがあって強いというイメージを持って出会いを求める女性が多いのかもしれません」

自衛官限定の婚活パーティーは定員オーバー&キャンセル待ちも…

 同クラブを運営する「フュージョンアンドリレーションズ」の代表取締役・林圭一氏によると「かつては無料でも女性参加者が集まらないことがありましたが、今は全国から、遠方からいらっしゃる参加女性もいます」と話します。同クラブが運営協力する海上自衛隊フェスティバルには、毎回、参加希望の女性の申し込みが殺到し、定員の10倍で抽選になるほど。男性が自衛官限定の婚活パーティーも、女性の申込者が定員オーバーとなってキャンセル待ちとなるケースが多いそうです。

 ところで、余談ですが「3強」より前に主流だったフレーズって何があったか覚えていますか? そもそも有名な言葉としてまず浮かぶのが約30年前、バブル経済時代に言われた「3高」ですよね。「高学歴・高身長・高収入」のハイスペック男子のことです。90年代になってバブルが崩壊すると、結婚相手の条件は「3平」が主流に。「平均的な年収・平凡な外見・平穏な性格」を意味し、「3高」で重視された見た目の良さや大きな年収は求めず、共働きでもいいから安定した生活を維持できるような男性を結婚相手として求める時代になりました。

 2000年代に入り、リーマンショックなど国際的な金融危機に直面すると、今度は「3平」の進化版として「4低」が登場。結婚相手として選ぶ男性の基準は「低依存」「低姿勢」「低燃費」「低リスク」の4つ、つまり「家事や子育てを妻に任せっきりにしない」「家族に威張った態度をとらない」「無駄なお金を使わない」「リストラされるリスクが少ない」人が“モテ男”の条件に。「高」から「平」ついには「低」となると、なんだか下がっている印象を受けます。しかし、ここにきて「3強」が急上昇。勢いが出てきた感じがありますよね。

1/3ページ

最終更新:3/9(土) 14:14
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事